SPI・SPI2・SPI3の違い!どれを対策すればいいの?【徹底解説】

【徹底解説】SPI・SPI2・SPI3の違い!どれを対策すればいいの?

SPIはSynthetic Personality Inventoryの略で日本語に翻訳すると「総合適正検査」となり、主に「性格」と「基礎能力」を計ることができる就活生には身近な就職試験です。

企業の採用活動の際に適正を見極めるために多くの企業で導入されて、今では就職活動の定番となっています。

そんなSPIですがSPI・SPI2・SPI3と複数のバージョンが存在します。

就活生
おいおいSPI対策は少ししたけどSPI3対策はまったくしてないよ・・

と、どれを対策すればよいか迷っていたり、不安に思っている方のために今回は「SPI・SPI2・SPI3」の違いを徹底解説いたします。

※SPIとはそもそも何?という方はこちらをご覧ください。

SPIとは?試験問題と対策方法を徹底解説!【就活】

2017.05.17

SPIそれぞれの違い

SPIは1973年に初期版であるSPI(SPI1)が開発され、改良が加えられてSPI2となり、さらに進化したのがSPI3となります。

つまり2017年現在の「SPI」は「SPI3」に当たるわけです。

年表と変更内容をまとめますと

 開始時期バージョンアップ内容
SPI1973年~-
SPI22005年~

  • 出題範囲の拡大

  • WEBテスティングサービス方式

  • テストセンター方式

  • インハウスCBT方式


などの追加
SPI32013年~

  • オプション検査に構造的把握力が追加

となります。

初期のSPIでは「マークシート形式」での出題が多かったのですが、SPI2からは問題の傾向が変わり出題範囲が大きく広がりました。

※SPI2になってからは自宅やテストセンターのパソコンからも受験できるようになり、就活生にとっても企業にとっても効率の良い就職活動・採用活動ができるようになった点はSPIがこれだけ普及したきっかけでもあります。

SPI3対策をしよう!

少し前までSPI2が主流でしたが、2012年にSPI3が登場してからはSPI3が主流です。

上述したとおりSPI3は初代SPIが進化していったもので、検査の精度と内容はSPI3 > SPI2 > SPIとなります。

そのため2017年現在、企業の選考にSPI(適正検査)と記載されていた場合はSPI3の対策を行っておけば間違いありません。

価格1,512円
ページ数421ページ

SPIの今後

SPIは今では多くの企業が導入しているため、SPIの対策本や関連書籍も多数出版されています。

対策されたのではSPIの本来の目的である「性格」「基礎能力」を正確に把握することができません。

そのため年々改良され「適正検査」としての精度が増していくわけです。

今後SPI4・SPI5と出てくることが想定されます。

SPI対策は無意味!?

就活生であれば必ずSPI対策しなければいけないと思ってしまいがちですが、SPIでは難しい問題が出題されるわけではなく「性格」と「基礎能力(思考力・理解力)」が問われます。

開発したリクルートマネジメントソリューションズでも「SPIは対策しようとしまいと大きな差は生まれない」と明言してるためSPI対策は意味がありません。

能力検査では対策本による準備を行ったグループと、何も準備をしていないグループの両方に受検してもらったところ、両者の結果に有意な差が認められないことが確認されています。 また、性格検査では問題作成時に「自分をよく見せようとして偽った回答をさせたグループ」と「偽らずに回答させたグループ」の得点差をチェックし、得点差の少ない問題を採用することで、偽った回答の影響を抑えています。

参照元:SPI3の品質とよくある誤解

と言いたいところですが、SPIに慣れる事は重要です。

対策自体は無意味かもしれませんが「何が出題されるかある程度知っている状態」と「まったく知らない状態」では負担がまったく異なります。

何日もかけて対策する必要はないと思いますが、本1冊を読んでみる程度の対策はしておいたほうが良いと思います。

「わざわざ本を購入したくない!」という方は就活ノートに無料のSPI対策もありますのでこちらを有効活用してください。

SPI対策だけでなくWEBテストの対策もできるのでおすすめです!

※メニューのWEBテスト対策からご覧いただけます。

就活ノート


SPI・SPI2・SPI3の違いまとめ

SPIは1972年に登場してからSPI → SPI2 → SPI3と時代に合わせてバージョンアップし精度が増していきます。

2017年現在の「SPI試験」は「SPI3」にあたるため、SPI3の対策をしておけば問題ありません。

SPI対策自体はあまり意味がないとされていますが、出題される問題の傾向を知っておくだけでも就職活動が有利に進めますので、参考書や無料のSPI対策資料を活用することをお薦めします。

今後のSPIのバージョンアップにも注目です!

SPIとは?試験問題と対策方法を徹底解説!【就活】

2017.05.17

大学生のための口コミサイト「就活ノート」

先程簡単にご紹介しました就活ノートはSPI対策だえ

就活ノートでは

  • 就活生向けの企業の口コミ情報
  • 面接の体験談(1,000社以上)
  • お役立ちコラム
  • 合説情報
  • SPI対策・WEBテスト対策

などにも活用することができます。

無料会員登録するだけですべての有益なコンテンツが見放題となりますので、※FACEBOOK登録可能

実際に選考に参加した方の学歴や選考内容もチェックできますので、自分の学歴や経験と比較して面接対策を行うことができます。

今だけタダですので就活生の方は是非登録してみてください!

レッド隊員
他では見れない良質な情報ばかりです!就活生の方は要チェックです!







転職アプリの決定版「ジョブクル」

転職を検討している人に”本気でおすすめ”できるのが転職アプリ「ジョブクル」です。ジョブクルは転職アプリでありながら求人数10,000件以上・チャットで気軽に連絡・応募代行・履歴書添削などなど転職に必要なことがスマホ一台で完結します。転職初心者の方はもちろん転職をスマートに終わらせたい方にもおすすめです!

ダウンロード後すぐに開始できますので、まずは情報収集に利用してみてください!