同族経営の会社社長に血液型を聞かれ・・そして内定!!

転職のためにいろんな企業の求人に応募していた時の事です。営業職から事務職へ希望していたので、事務系を片っ端から応募して約20件目、これでダメだったらまた営業職でも探すか・・・と思いながら受けた会社です。

その会社は、機械部品の卸しと小売りとメンテナンスをしている会社で、とっても小さな家族経営企業でした。

面接は50歳台の働き盛りの男性一人が担当してて、その会社の社長でした。

面接前に会社の概要を丁寧に説明してくださり、とても好感のもてる社長でした。次に応募の動機やら、今までの経験やら、ごくごく一般的な質問を次々と繰り出してきました。

ここまでは、ごく普通の面接でした。面接が終わり、帰ろうとしたとき

「あ、血液型教えて」

と言われ

「Rh+Oです」

とお答えし、帰りました。

初めて面接で血液型を聞かれました。

私の書いた履歴書には書く欄が無かったんですね。二日後、電話がかかってきて「合否か?」とおもったら、次は奥様の面接で呼び出されました。

と言う事は一次面接は、合格だったのかな?と思いつつ2度目の面接に向かいました。今度は奥様だけいらっしゃって、なぜかお茶やお菓子を頂きながら、面接めいたお話を少しだけし、その後はなぜか女子トークに突入。好きなレストランやブランドの話、おまけに人気のタレントさんの話しをキャアキャアとばかりにして、終わりました。

今のは面接?なんだよね??と思いながら帰宅。

数日して結果が・・

また二日後、奥様から電話がかかってきて

「明日から来てね」とのこと。

「え?採用していただけるんですか?」

との私の問いに

「そうよ、明日から来てね。9時に待ってるから」

やっと希望の事務職での採用が決まった瞬間でした。

後日、奥様の弟さんと机を並べて仕事をしているとき、面接で血液型を聞かれたことを言ったら、びっくりする答えが返ってきました。

「ここの社長は、困ったときや悩んだ時には占いに行く。今回の募集でも面接に20人ばかり応募者が居て、面接で3人にまで絞ったが、決めきれなかったので、占いであなたに決めた。占いには名前と生年月日と血液型がいるから」

と言いました。

私、占いで仕事をゲットしました。





【常識】転職前の企業リサーチ

 

転職前に企業の調査は必須です!特に企業内部の口コミや評判は非常に参考になります。

キャリコネでは残業の有無・実際の給料などリアルな評判がリサーチできますので、応募前にぜひ活用してみてください。



転職アプリの決定版「ジョブクル」

転職を検討している人に”本気でおすすめ”できるのが転職アプリ「ジョブクル」です。ジョブクルは転職アプリでありながら求人数10,000件以上・チャットで気軽に連絡・応募代行・履歴書添削などなど転職に必要なことがスマホ一台で完結します。転職初心者の方はもちろん転職をスマートに終わらせたい方にもおすすめです!

ダウンロード後すぐに開始できますので、まずは情報収集に利用してみてください!