社会保険労務士の面接官「あなたの現在の年収は?」

社会保険労務士事務所の採用面接を受けて、採用内定をいただきました。以前、コネを使って会社のトップと面接して失敗しましたので、今回は慎重に手順を踏んでいこうと考えました。

そこで、今回はハローワークの求人から面接する事務所を決めてみました。

とりあえず、そこの事務所の所長との面接までこぎつけましたので、そのときのことを説明します。まずは、履歴書と職務経験書による質問です。私は公務員でしたので、過去の人事異動の説明と移動先の部署での業務内容について丁寧に説明を行いました。

それから、保有している資格についての質問でした。社会保険労務士試験に合格しているのは、採用の条件でしたので、合格証書を提示して、勉強方法や合格までの苦労などをお話しました。

他にも、公務員経験が長かったので、無試験で行政書士の資格をもらえること、簿記の2級とFPの2級も持っていることをアピールしましたが、なぜかあまり興味をもたれず、質問なくほとんどスルーされた感じでした。

あまり興味をもたれず肩透かし・・本当に重要な質問は!?

こちらとしては、保有資格をもっとアピールしたかったのですが、社会保険労務士資格以外には興味がなかったようでした。

次に趣味や日常で興味のあることはなにか、と質問がありました。

どうやら、これらの質問が一番重要な質問のようでした。注意深く私の話す内容を聞き取りをして、質問攻めにはせず、なにやら探っているように感じましたので、慎重に発言をしていきました。

私としては、真面目な人物と思われるべきか、ユーモアのある人間と思われるべきか、そう悩みながら答えていきました。ある程度、説明が終わったところで、”最後に確認があります”と言われました。

それは、

”あなたの現在の年収はいくらですか?”

ということでした。

これは、採用する場合の報酬の目安とするための質問であったと思います。

採用されると直感しましたので、正直に答えました。なぜなら、嘘をついたら、年末調整時提出する前職の源泉徴収票でバレてしまうからです。

月末までに面接の結果を電話連絡します、ということで面接は終わりました。結果的に内定をもらえましたが、提示された年収が希望額よりもかなり低かったため、正式な採用受託の回答はまだ悩んでいます。





【常識】転職前の企業リサーチ

 

転職前に企業の調査は必須です!特に企業内部の口コミや評判は非常に参考になります。

キャリコネでは残業の有無・実際の給料などリアルな評判がリサーチできますので、応募前にぜひ活用してみてください。



転職アプリの決定版「ジョブクル」

転職を検討している人に”本気でおすすめ”できるのが転職アプリ「ジョブクル」です。ジョブクルは転職アプリでありながら求人数10,000件以上・チャットで気軽に連絡・応募代行・履歴書添削などなど転職に必要なことがスマホ一台で完結します。転職初心者の方はもちろん転職をスマートに終わらせたい方にもおすすめです!

ダウンロード後すぐに開始できますので、まずは情報収集に利用してみてください!