第二新卒は大手に転職は無理?企業の採用ニーズと傾向【データ有】

企業の採用ニーズが高まる「第二新卒」人気の理由と転職するメリット

第二新卒で就職・転職活動の方法に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

第二新卒は一般的に、

  • 新卒で入社した会社があわず退職した人
  • 理想のキャリアプランが築けそうにない

といった理由で辞める人が多く、企業側からすると

企業
3年未満で辞めるとは情けない!

と思われてしまうケースも少なくありません。しかし第二新卒者のなかには新卒時代よりいい会社・大手への就職・転職を目指す人も少なくありません。

第二新卒
でも大手に転職したいけど第二新卒じゃあ無理だよなあ

と悩んでいる方向けに意外と大手企業への転職も可能な第二新卒の採用ニーズと傾向をご紹介いたします。

第二新卒とは?

第二新卒とは大学・専門などを卒業してから企業へ就職したものの3年以内に退職した、または転職を希望する第二新卒を指します。年齢でいうと23歳~25歳までが第二新卒なります。

第二新卒は年々増加傾向に新卒で入社した人の30%が3年以内に辞めるとされています。

第二新卒の大手からの採用ニーズ(傾向データ)

第二新卒は企業から採用されにくいというイメージを持っている方も多いと思いますが、実は第二新卒は企業から非常に人気の高い属性です。

第二新卒
えっ!そうなんですか?

実際にマイナビが大手・中小企業を対象として【第二新卒採用の見通し】をアンケート調査したところ以下のような回答となりました。

第二新卒 採用データ
第二新卒の採用について割合(%)
本年よりも積極的18.1%
本年と変わらず積極的44.1%
本年と変わらず消極的12.8%
本年よりも消極的6.4%
採用予定なし18.6%
「マイナビ転職 中途採用状況調査」概要

  • 調査方法/FAXにて回答
  • 調査対象/1年間
  • 回答社数/大手・中小713社
  • ※このレポートでは、第二新卒者を「社会人経験1~3年目の若手社員」と定義しています。

62.5%の企業が第二新卒を積極採用しており、第二新卒を採用しないと回答している企業は全体の18%にとどまります。

第二新卒
おおーすごい!でもなんで第二新卒が企業から人気なんだろう

多くの企業が第二新卒を積極採用しようと考える理由は主に3つあります。

大手・中小企業が第二新卒を採用する理由

1.初歩的な常識から教える必要がない

学生から社会人になったばかりの新卒生は

  • メールの使い方
  • 名刺の渡し方
  • 書類の書き方
  • 礼儀作法

などいわば社会人としてのマナーなどを教わりますが、第二新卒は短期間とは言え、社会経験があり、初歩的なことから教える必要がありません。

グリーン隊員
分かりやすいところでいうと名刺の渡し方や電話対応などですね!

企業にとっても新卒を採用しビジネスマナーから教えるより、第二新卒を採用したほうが教育にかける時間・人材などのコストカットに繋がります。

2.凝り固まった考え方がない。

30代・40代のミドル層になると今までの会社や職場で経験してきたことが豊富なため、

ミドル層
  • 前の会社ではこうだった
  • このようにするほうが良い
  • 私は今までこうして仕事してきた

など今までの社会経験から物事を判断することも多くなり、社内のバランスを崩しかねません。

第二新卒で社会経験があるとはいえ凝り固まった考えがないため教育しやすい点も企業から人気の理由です。

3.柔軟性に優れている

20代前半では社会人の経験が浅くても、仕事を覚えるスピードが速く柔軟性に優れているため、すぐに即戦力となりえます。

企業側からすると柔軟性に優れており、吸収スピードの速い第二新卒は非常に重宝され積極採用されます。

第二新卒
なるほどね~!第二新卒でも企業から需要はたくさんあるわけだね!
グリーン隊員
大企業の中には第二新卒が活躍している企業もたくさんあります!

大手・中小企業が第二新卒に求めるもの

第二新卒が企業からの採用ニーズが高いことはわかっていただけたと思いますが、合わせて企業が第二新卒に求めるものを理解しなければいけません。

マイナビで【第二新卒の採用で重視した基準】がアンケートの結果がデータで出ています。

第二新卒 採用理由

企業が採用したい人材TOP5

  1. 入社意欲の高い人
  2. 一緒に働ける人材か
  3. 社内と合いそうな人柄か
  4. 志望動機
  5. 行動力

企業が第二新卒に求めるものTOP5まで見てみると学歴やスキル・経験は一切入っておらず、入社意欲や性格・人柄などを重視していることがわかります。

第二新卒
第二新卒だからといってスキルや経験を必要以上にアピールするのではなく、入社意欲を見せたほうがいいんだね!

第二新卒はこれからの成長を想定して採用する場合がほとんどです。これは大手企業も例外ではありません。

第二新卒が大手企業に転職するためには?

第二新卒
第二新卒の採用ニーズの高さと採用する際に重視する点は分かったけど実際に大手企業に転職するためにはどうすればいいの?

第二新卒で大手企業に転職するためには自分ひとりで転職活動をせず転職エージェントを利用することが必須です。

転職エージェントとは?

転職エージェントとは一般的な求人サイトとは異なりプロのコンサルタントが転職をサポートしてくれる人材サービスです。

主に

  • 自己分析
  • キャリアカウンセリング
  • 企業選定
  • 履歴書添削
  • 面接対策
  • 面接スケジュール調整
  • 条件交渉(給料・待遇)

をサポートしてくれるため、転職活動を効率的に行うことができ転職成功確率が大きく上がります。

第二新卒
おおー!これは便利だね!でもなんで転職エージェントを利用したほうがいいの?

第二新卒が大手企業に転職するためはエージェントの利用は必須!

まず転職エージェントには日本にある求人の9割が集まっているとされています。

一般的な求人サイト(リクナビNEXT・マイナビ転職など)で見れる求人は実はごくごくわずかなものです。

特に大手企業の求人は人気があり応募が殺到するため、誰でも見れる求人サイトに掲載されることはほとんどありません。

第二新卒
ええ~!そうなんだ・・
グリーン隊員
応募が殺到すると書類選考だけでも数百人・数千人単位で行わなければいけないので企業の負担も膨大なものになります。

では大手の求人情報がどこにあるかというと転職エージェントの非公開求人です。

大手企業の求人は転職エージェントの非公開求人にたくさんある!

非公開求人ってなに!?求人の質やおすすめの転職エージェントは!?
非公開求人とは?

非公開求人は企業が応募殺到を防ぐためや水面下でのプロジェクトなど様々な事情から公には出ていない求人です。 非公開求人は公開求人とは異なり、登録者にしか紹介できない優良求人で【高年収】【高待遇】が実現できます。

転職エージェントで取り扱っている非公開求人の多くは【大手上場企業】【超優良外資】【商社】【メガベンチャー】など幅広い業界に渡り、転職エージェントを利用しなければ求人を見ることさえ出来ない企業ばかりです。

大手企業に転職するためにまずは企業の選考を受けることができなければ始まりません。

転職エージェントを利用しなければ大手に転職するスタートラインにも立てないということになります。

第二新卒
なるほど・・・求人サイトで見えている情報がすべてではないんだね。。でも転職エージェントはたくさんあるよね。どう選べばいいの?

第二新卒向け転職エージェントの選び方

20代・第二新卒向けの転職エージェントはたくさんあります。

どの転職エージェントも非公開求人を多数保有しており実績も豊富です。そんな数ある第二新卒向けの転職エージェントの中でも圧倒的におすすめなのがマイナビジョブ20’sです。※読み方はマイナビジョブトゥエンティーズです。

マイナビジョブ20’s

  • 非公開求人が8割~9割
  • 20代・第二新卒に特化している
  • 理系・文系・体育会系ごとのサポート体制
  • 大手企業とのネットワークが強い
  • 給料交渉・待遇交渉に強い

など第二新卒が大手に転職するためには欠かせないサポート体制が完璧に整っています。

マイナビの情報網は他とは比べ物にならないので企業が求める人材を事前に知ることもできます。

拠点数も多く、地方の方にはSkype・電話・メールでの転職サポートもしてくれるのでどなたにでもおすすめできます。

グリーン隊員
マイナビは企業からの信頼も厚いので大手企業の求人が集まりやすいです。

公式サイト:マイナビジョブ20’s

第二新卒では大手が無理だといわれる理由

第二新卒
  • 第二新卒だから大手企業不採用になった・・
  • 第二新卒だと大手の書類選考に通らない・・

といった意見も見られますが、大手に採用されない人に共通しているのは圧倒的に情報が足りていないということです。

日本の大手企業は企業全体の0.03%しかないとされており、中小企業が99%を占めているとされています。

第二新卒
うわあ~それだけしかないんだあ・・大手企業への転職はやっぱ厳しいんだあ

大手企業は確かに日本に0.03%しかありませんが、企業数にすると以下のような数字なります。

 企業数
大手企業11,000社
中小企業380万社

※2017年版中小企業白書 概要より

大手企業は11,000社あります。

大手に転職できなかったと言う多くの方は有名な企業にしかエントリーしておらず、大手の選考を受けたといっても2,3社程度残りの10,000件以上の大手企業の選考には一切受けていないのが現状です。

第二新卒
確かにそうかも・・

こうした大手企業の求人は転職エージェントにあります。求人サイト経由で大手の選考を2,3社受けた程度で諦めるのではなく、転職エージェントで非公開の大手企業の情報をもらい正しく転職活動を進めていくことが重要です。

第二新卒
1万1千社もあれば受かる自信が出てきた!
グリーン隊員
転職は情報が重要です。求人サイトの情報だけでなく転職エージェントで数多くの情報と選択肢を得ましょう!

≪まとめ≫第二新卒でも大手企業への転職は無理じゃない!

第二新卒は実は大手・中小企業からの採用ニーズも高く、採用人数は昔に比べ増加傾向にあります。

第二新卒が企業から人気の理由は

  • ビジネスマナーを身に着けている
  • 柔軟性がある
  • 凝り固まった考えがない

という点で、採用の際にもスキルや経験を重視することはなく、仕事に対する意欲や性格を重視しています。

第二新卒が大手に転職するためには大手の非公開求人を多数保有している転職エージェントの利用が必須です。

転職エージェントで大手企業11,000社の求人情報を受け取り、正しく転職活動をおこないましょう!

第二新卒
大手に転職できる気がしました!
グリーン隊員
まずは転職エージェントで求人を見てみることからおすすめします!

【PR】マイナビジョブ20’s

文中ご紹介しました第二新卒向けの転職エージェントマイナビジョブ20’sを簡単にご紹介いたします。解説・口コミ記事もありますので参考にしてください。

URLマイナビジョブ20'S
求人数1000件+非公開求人
対象地域全国
対象者20代の男女
拠点数東京・愛知・大阪・京都+Skype
利用料完全無料
マイナビジョブ20's
0から転職を支援してくれるキャリアアドバイザー!
非公開求人が8割~9割!
全国で20代向けのセミナーの実施
豊富な転職コンテンツ!
全国4拠点で地方の第二新卒もフォロー(電話・メールサポートも可)

公式サイト

マイナビジョブ20’sで相談

解説・口コミ・評判はこちら↓

マイナビジョブ20’sの5つの特徴と評判・口コミは?【20代向け】

2017.03.25

運営会社マイナビワークス

企業名株式会社マイナビワークス
代表取締役社長滝口 裕之
設立2016年12月1日
資本金1億円
事業内容労働者派遣事業 /派13-307111
有料職業紹介事業 /13-ユ-308164
求人・採用活動に関するコンサルティング
宣伝、広告、ピーアール業および広告代理店業
ウェブコンテンツ、制作物等のデザインおよび制作業
ビジネスプロセスアウトソーシング業
所在地〒163-1527 東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F
株主株式会社マイナビ100%

◆拠点一覧

 所在地住所
東京オフィス 〒163-1526
東京都新宿区西新宿1-6-1新宿エルタワー26F
03-5909-1649
名古屋オフィス〒450-6209
愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1ミッドランドスクエア9F
052-582-1454
京都オフィス〒600-8008
京都府京都市下京区四条通り
烏丸東入長刀鉾町10 京都ダイヤビル 7F
075-212-8378
大阪オフィス 〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント 大阪タワーA 30F
06-4802-1365





【常識】転職前の企業リサーチ

 

転職前に企業の調査は必須です!特に企業内部の口コミや評判は非常に参考になります。

キャリコネでは残業の有無・実際の給料などリアルな評判がリサーチできますので、応募前にぜひ活用してみてください。



転職アプリの決定版「ジョブクル」

転職を検討している人に”本気でおすすめ”できるのが転職アプリ「ジョブクル」です。ジョブクルは転職アプリでありながら求人数10,000件以上・チャットで気軽に連絡・応募代行・履歴書添削などなど転職に必要なことがスマホ一台で完結します。転職初心者の方はもちろん転職をスマートに終わらせたい方にもおすすめです!

ダウンロード後すぐに開始できますので、まずは情報収集に利用してみてください!