第二新卒は何歳まで!?年齢から学歴までを徹底解説!

グリーン隊員
突然ですが質問です!「第二新卒」と聞くと皆さんは何歳までをイメージしますか?
求職者
う~ん。25歳くらいまでかなあ~。20代後半は第二新卒と言われる年齢ではないだろうし・・

第二新卒と聞くと多くの人が25歳前後をイメージすると思います。実は第二新卒という言葉はあいまいで企業によって年齢の上限が異なり明確な決まりがありません。

しかし明確な定義がないと転職活動・転職活動をするうえで

求職者
26歳だけど第二新卒で応募してよいのかなあ・・?

などの迷いが生じてしまいます。

そこで今回は「第二新卒は何歳まででどのような人材なのか?」を年齢や学歴までをしっかりと解説していきたいと思います。

グリーン隊員
20代の方は必見ですよ!

第二新卒の年齢は一般的には「25歳まで」

早速結論ではありますが、第二新卒として扱われる年齢は「25歳まで」と覚えておいて問題ありません。

求職者
おお!!合ってた!

第二新卒の定義は

大学などを卒業してから企業へ就職したものの3年以内に退職した、または転職を希望する求職者を指すと言われています。転職市場においては新卒採用の対象者と経験者採用の対象者の中間的な位置にある求職者を指す事が多くなっています。

参照元:コトバンク

となっています。

大学を卒業するのが22歳で、卒業から3年以内は25歳までとなります。一度就職した会社を辞めている点も「第二新卒」の条件です。

求職者
なるほどねえ~!でも高卒や専門卒だったら3年経ってもまだ25歳にはならないよね・・その場合はどうなるんだろう・・?

学歴が高卒や専門・短大・大学院の場合はどうなるの?

上記の定義だと「大学など卒業して」と記載されていますが、高校・専門・短大・大学院などを卒業し一旦就職して転職を考える25歳までであれば第二新卒として応募して問題ありません。

グリーン隊員
学歴は大学でなくても「第二新卒」に該当しますのでご安心を!その他の例についても一緒に見てみましょう!

浪人や留年をした場合は?

浪人して大学に入ったり、留年してしまったという方もいると思いますが、25歳までで一度就職した会社を辞めて転職活動していれば第二新卒に該当します。

第二新卒とはならないケース

グリーン隊員
少し複雑ですが第二新卒とならないケースを見てみましょう。

24歳で大学を卒業し就職。26歳で転職活動。

上記のケースは大学卒業から3年以内にやめて転職活動していますが、25歳を超えているので第二新卒とはなりません。

大学は年齢問わず入学することができるため、上記のようなケースだと第二新卒としては扱われません。

グリーン隊員
「50歳で大学を卒業して就職。1年で退職した」としても第二新卒とはなりませんよね。
求職者
これは確かにその通りだね!25歳はひとつの基準となるわけだ!

25歳だけど一回も就職経験がない場合は第二新卒?

20代半ばになっても就職経験がなく、アルバイトやニートをしている人も少なからずいると思いますが、そういった方は年齢的には第二新卒の条件をクリアしていますが、厳密にいうと「第二新卒」には該当せず「既卒」といった枠にはいります。

求職者
え~!そうなの??

これは企業が第二新卒を求める理由考えると分かりやすいです。

企業が第二新卒を求める理由

企業が第二新卒を求める理由は

  • 基礎的なビジネスマナーは身についている
  • 吸収力が早い
  • 凝り固まった考えがないため扱いやすい

が主な理由となります。

基礎的なビジネスマナーとは「話し方・電話・メール」など一般的なビジネススキルが該当しますが、フリーターやニートだと社会経験がないため基本的なビジネススキルを身に着けておらず「第二新卒」とは言えません。(※既卒というグループに分類されます。)

企業によっては就職経験の有無は関係なく25歳までなら第二新卒としている企業もありますが、一般的には

  • 就職経験あり
  • 25歳まで

と考えておいたほうが無難です。

グリーン隊員
第二新卒でなくても20代を欲しがる企業はたくさんあります!転職サイトや転職エージェントで積極的に情報収集してみましょう!

第二新卒でなくても転職は成功する!(年齢は関係なし!)

求職者
  • 第二新卒が何歳まで?
  • 第二新卒の条件は?

といった内容を調べる方は25歳~29歳の方が多いです。今見ている方の中にも25歳~29歳の方も多いのではないでしょうか。

第二新卒は企業にとっては社会経験もあり、伸びしろが見込める転職市場では人気の属性ですが、かといって転職に必ずしも有利かというと決してそんなことはありません。

第二新卒だろうが25歳以上の年齢だろうが企業は優秀な人材を優先して採用します。自分の属性を気にせずに転職活動を成功させるためには自分の市場価値を性格に把握する必要があります。

求職者
市場価値?なんですかそれ?
市場価値とは?

市場価値とは就職・転職市場において自分の持っているスキルや経験がどの程度の価値を保有しているかということです。市場価値が高ければ多くの企業が率先して採用したい人材ということになり、高年収・高待遇が実現できます。

求職者
なるほど自分の市場価値を知るかあ・・でもどうやって??

第二新卒でなくても市場にとって価値のある人材か判断するためにMIIDAS(ミーダス)がおすすめです。

MIIDAS(ミーダス)履歴書・職務経歴書・カウンセリングは一切不要の市場価値診断ツールとして毎月8,000人以上の方が利用しています。

MIIDAS(ミーダス)では200万人のビッグデータを元に自分の適正年収も計算してくれるので、簡単に市場価値を知ることができます。

さらに企業からのオファーやスカウトが届きますので、そのまま転職活動に利用することもできます。

求職者
おおー!適正年収が想像以上に高い!!
グリーン隊員
適正年収に基づいたオファーが届きますので高年収が実現できます。

誰でも無料で10分あれば診断できますので自分の市場価値を知りたい方は是非試してみてください。

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

第二新卒は何歳まで?年齢・学歴まとめ

第二新卒は就職経験のある25歳までの求職者を指し、学歴も大卒のみならず高校・専門・短大卒であれば「第二新卒」に該当します。

しかし企業によって捉え方が異なりますので「第二新卒」という概念にとらわれずに興味のある企業へまずは応募してみる積極性も重要です。

第二新卒に限らず30歳までの方は自分がどの程度の市場価値があるのかを知ることが重要です。

無料診断アプリMIIDAS(ミーダス)を活用して、市場価値を知り転職の成功確率を上げてみてください!

グリーン隊員
みなさんの転職活動が成功するよう全力で応援します!

第二新卒で大企業に転職したい方はこちらを参考にしてください!

第二新卒は大手に転職は無理?企業の採用ニーズと傾向【データ有】

2017.03.28





【常識】転職前の企業リサーチ

 

転職前に企業の調査は必須です!特に企業内部の口コミや評判は非常に参考になります。

キャリコネでは残業の有無・実際の給料などリアルな評判がリサーチできますので、応募前にぜひ活用してみてください。



転職アプリの決定版「ジョブクル」

転職を検討している人に”本気でおすすめ”できるのが転職アプリ「ジョブクル」です。ジョブクルは転職アプリでありながら求人数10,000件以上・チャットで気軽に連絡・応募代行・履歴書添削などなど転職に必要なことがスマホ一台で完結します。転職初心者の方はもちろん転職をスマートに終わらせたい方にもおすすめです!

ダウンロード後すぐに開始できますので、まずは情報収集に利用してみてください!