「御社」と「貴社」の違いは?電話とメールの使い分けを徹底解説!

「御社」と「貴社」の違いは?電話とメールの使い分けを徹底解説!

ビジネスで欠かせない言葉に「御社」「貴社」という言葉があります。

どちらも仕事をするうえでは頻繁に利用する言葉で覚えておくべきビジネスマナーのひとつです。

この「御社」「貴社」という言葉は就職活動や、転職活動の際にもよく利用される言葉で就職活動を開始してからはじめて知ったという方も少なくないのではないでしょうか。

とはいえこの2つの言葉のどこが違うのかまったく分からないという方も多いのでしょうか。

就活生
違いなんてないでしょ!

と思っていると大事な商談や面接で失敗してしまうかもしれません。

そこで今回は間違いやすい言葉「御社」「貴社」の違いを徹底解説いたします。

御社と貴社の違い

早速結論ですが、御社と貴社の違いは、

  • 話言葉は「御社」
  • 文章は「貴社」

という点だけです。

どちらも相手を敬う尊敬語で、意味に違いはありません。

就職活動・転職活動時における使い分けとしては、直接企業の採用担当者とあって面接する場合には「御社」で履歴書や職務経歴書を記入する際には「貴社」となります。

貴社という言葉は「記者」「帰社」などの言葉と同音で聞き間違う可能性があることから会話の中で使われることはありません。

ではメールは?

履歴書や職務経歴書は「貴社」であることはご理解いただけたと思いますが、

就活生
ではメールは「御社」「貴社」どちらなの?

といった疑問を持つ方も少なくありません。

メールも文章に該当しますので「貴社」で問題ありません。

採用担当者へメールでお礼や連絡を取りある場面もあると思いますので、間違えずに使い分けましょう。

じゃあ電話は?

電話は実際に顔を合わせて会っているわけではありませんが、会話ですので「御社」が正解です。

くれぐれも電話で「貴社が~」と言わないように注意しましょう!

一目で分かる使い分け方法

 読み方使い分けシーン
御社おんしゃ話し言葉取引先との会話 / 面接 / 電話
貴社きしゃ文章メール / 手紙 / 文章

まとめ

御社と貴社はどちらもビジネスでよく使われる尊敬語で、

  • 話し言葉や電話は「御社」
  • 文章やメールは「貴社」

となります。

間違いやすい言葉ではありますが、ビジネスシーンや就職活動では正しく使い分けましょう!

【6月からはじめる!】内定率が上がるエントリーシート(ES)対策!

就職活動ではエントリーシートが必須で、就職をするための第一関門といっても過言ではありません。

だからこそ悩むエントリーシートですが、何度も書き直したり、やり直している方は人気企業に内定した人のエントリーシートを参考にしてみてください。

キャリアパークでは銀行・商社・外資・大手ITなど業種問わずに実際の内定者のエントリーシートが今だけ無料でダウンロードできます。

※大学生向けですので転職対策をされている人に合わないかもしれません。

こうした無料ツールも積極的に活用し就職・転職活動を乗り切りましょう!





【常識】転職前の企業リサーチ

 

転職前に企業の調査は必須です!特に企業内部の口コミや評判は非常に参考になります。

キャリコネでは残業の有無・実際の給料などリアルな評判がリサーチできますので、応募前にぜひ活用してみてください。



転職アプリの決定版「ジョブクル」

転職を検討している人に”本気でおすすめ”できるのが転職アプリ「ジョブクル」です。ジョブクルは転職アプリでありながら求人数10,000件以上・チャットで気軽に連絡・応募代行・履歴書添削などなど転職に必要なことがスマホ一台で完結します。転職初心者の方はもちろん転職をスマートに終わらせたい方にもおすすめです!

ダウンロード後すぐに開始できますので、まずは情報収集に利用してみてください!