【第二新卒】新卒で入社した会社を2年で辞めて人材会社に転職!

【第二新卒】新卒で入社した会社を2年で辞めて人材会社に転職!

人材関係の企業の選考を受け、最終面接を無事通り内定をいただきました。

新卒で入社した会社を2年で退職したので勤務年数に関して突っ込まれるかと思っていましたが、軽く聞かれただけで、根掘り葉掘り聞かれることはありませんでした。

面接の内容

面接の内容は【どういう人柄か】【どんなことをやりたいのか】を中心に、面接というよりも会話という印象を持ちました。

スーツではなく私服指定の面接だったのもありますが、緊張することは全くありませんでした。

面接独特の雰囲気は一切なく、自己紹介や自己PRもなく、会話をしているような感覚でした。

面接会場も面接官の方とは机一つ挟んだくらいの近い距離だったので尚更でした。

事務職希望で選考を受けていましたが、前職では部署関係なくいろんな仕事を任されていた経歴に興味を持っていただき、どんな仕事をどのようにこなしていたのかを聞かれ、「こういう仕事、もしかしたら向いてるかも」と提案してもらいました。

面接の後半は私の性格に向いていそうな部署を紹介されました。

面接ではよい結果が!

作業スピード重視の企業だったので、面接の前に3分間にどのくらいの文字を入力できるかのタイピングスキルのテストもありました。

緊張で手が震えて思うように入力ができなく悔しい思いをしたのですが、結果としてはなんとA判定で面接官の方には驚かれたことを覚えています!

終盤になると、面接官の方の今までの社歴を語ってもらい、お互い意気投合していました。

選考を通過できたのは、前職で経験した業務内容もあると思いますが、面接官の方との相性が良かったのかもしれません。

面接終了後、通常だったら「後日面接結果をご連絡します」と言われると思いますが、「後ほど詳細のご連絡しますね!」と採用前提で言われました。

両親からは「第二新卒は社歴が短いから転職はある程度経験積んでからにしなさい!」と言われていましたが、前職での業務経験や面接官の方次第では勝ち取ることが出来るんだということが分かって良かったです。

【PR】既卒・第二新卒の方を内定まで徹底無料サポート
書類通過率87%以上。面接対策無料【第二新卒ナビ】

第二新卒は社歴が短くても人気

新卒で入社した会社を3年未満で辞めると社歴が短いため、「またすぐにやめるのではないか?」と採用されにくい・・と思われている方もいると思いますが、そういったことはほとんどありません。

むしろ第二新卒は

  • 一般的なビジネスマナーを身に付いている
  • 他の会社で変なクセが付いていない
  • 成長が見込める

と企業から人気が高いです。

入社して3年未満だけど会社を辞めたいと考えている人がいたら、社歴をあまり気にせず転職活動を始めてみるのはいかがでしょうか。

社歴の短い第二新卒者にお薦め!

第二新卒の転職で注意して欲しいことは「次の会社はスグに辞めない」ということです。

1度ならまだしも2度も短期間で辞めたとなったらそれこそ「すぐに辞めるイメージ」が付きかねません。

そうしたリスクを回避するためには自己分析をしっかり行い、理想の求人を見つける必要があるのですが、初めての転職活動の場合は転職エージェントの利用をお薦めします。

転職エージェントであれば、キャリアカウンセリングをしっかりと行い自分にあった企業を探してくれます。

さらに給与面や待遇面での交渉もしてくれますので、自分ひとりで転職活動するよりは、転職の成功する可能性がグッとあがります。

第二新卒の場合であれば第二新卒に特化した「第二新卒ナビ」をお薦めします!

第二新卒ナビは内定率が90%近くあり、なにより【ブラック企業排除宣言】を行っているため、紹介してくれる求人の質が非常に高いです。

次の就職を成功させたい20代の方には非常にお薦めできます。気になる方は登録無料ですので是非チェックしてみてください!



既卒・第二新卒専用の就職活動サポート
まずは会員登録【第二新卒ナビ】





【常識】転職前の企業リサーチ

 

転職前に企業の調査は必須です!特に企業内部の口コミや評判は非常に参考になります。

キャリコネでは残業の有無・実際の給料などリアルな評判がリサーチできますので、応募前にぜひ活用してみてください。



転職アプリの決定版「ジョブクル」

転職を検討している人に”本気でおすすめ”できるのが転職アプリ「ジョブクル」です。ジョブクルは転職アプリでありながら求人数10,000件以上・チャットで気軽に連絡・応募代行・履歴書添削などなど転職に必要なことがスマホ一台で完結します。転職初心者の方はもちろん転職をスマートに終わらせたい方にもおすすめです!

ダウンロード後すぐに開始できますので、まずは情報収集に利用してみてください!