「前職での不満は?」面接で好印象な回答とNG回答!【例文つき】

前職への不満は?

転職の際に聞かやすい質問の一つに

企業
前職での不満は?

という質問があります。転職を検討するくらいですから

応募者
不満はたくさんあって・・

と言いたいところですが、あまり言いすぎて面接での印象を悪くするわけにはいきません。

そこで今回は中途採用でありがちな質問「前職での不満」の印象の良い回答方法とNG回答を解説していきたいと思います。

前職での不満は一貫性を持った回答が必要

前職での不満は

  • 退職理由
  • キャリアプラン
  • 前職でのつらかった話

などと関連する質問になりますので、そのほかの質問との回答に一貫性が必要となってきます。特に退職理由は「前職での不満」に直結する場合が多いため、退職理由も同時に考えるのが分かりやすいと思います。

不満はいってはダメ?

よく面接対策本などを見ると「前職の不満は言わないこと!」と書いてあったりしますが、前職への不満がないのに転職をしようとすることは「ではなぜ転職を?」と面接官に違和感を与えてしまいます。客観的に見れるよう会話形式で見てみましょう!

企業
前職での不満はありましたか?
応募者
はい!ありません!

企業
・・・ではなぜ転職を?

応募者
・・・

かえって嘘や隠し事がある印象を与えますね。

一度嘘だと思われると面接での質疑そのものが嘘と捉えられるケースもありますので、しっかりと与えられた質問には回答することが大切です。

前職での不満は?回答ポイント

「不満」があることは決して悪いことではありませんし、自分の考え方を伝え、企業の考え方・価値観を確かめるためにもしっかりと回答するべき質問です。

しかしただの悪口のようにならないために回答時には工夫が必要です。

  • 露骨に嫌な顔をしながら話す
  • 不満が多い
  • ネチネチとしている

など、面接官に不信感を持たせる回答は避け、不満だったことを淡々と回答しましょう。

もちろん応募企業の下調べはしっかりとし、同様の不満が起こり得る可能性がある場合は、その「不満ポイント」をさけ回答しましょう!

「残業が多かったのが不満です。」といったところで応募企業も残業が多い業界だったら、「じゃあうちも無理だね」となりますよね。

こうしたNG回答にならないように業界分析や企業分析は必須です。

言い方や言い回しで良い回答になる

不満をねちねちというのはあまり言い印象を与えませんが、言い方ひとつで下記の体験談の場合の、回答例は

「子供よりも仕事を優先させられた。」と職場や上司への不満を露骨に回答するより、「子育ての時間を優先しづらかった。」などの回答が有効です!

なるべく回答には不満にたいしての改善アクションをとったエピソードを含め、退職理由と大きく関連するため、退職理由を考えると同様になるべくうしろ向きな発言は避けることで良い印象を与えることができます。

チェックされているポイント!

前職への不満を確認することで、応募者が何を不満に感じるのかチェックしています。

例えば

  • 給与が少なかった。(収入への不満)
  • 残業が多かった。(勤務時間への不満)
  • 休日出勤が多かった(自分の時間の確保に関する不満)
  • 業務量が多かった(業務量への不満)
  • 周囲の人と合わなかった(人間関係への不満)

など何に対して不満を持ちやすいのか確認することが出来、面接官としては「自社でも同様の不満が起こる可能性のあること」を考え、自社に適する人材かを判断しています。

特に注意すべきは「人間関係への不満」です。他の選択肢と比べ企業もコントロールしづらく、「つらつらと周囲への不満を述べられても、応募者自身に問題があるのでは?」と受け取られがちです。

出来るだけ人間関係への不満は避けることをお勧めします。

またあまりに小さいことに不満を持っている応募者には「扱いにくい人材」との印象を持ちますので気を付けて回答しましょう!

前職での不満は?回答例文

前職では給与面に不満を持っていました。

前職の給与体系は基本給+インセンティブでとなっていたのですが、勤続年数を重ねるごとにインセンティブの割合が低くなり、基本給が少し上がるという仕組みでした。

結果、入社当時と給与は大きく変わることはありませんでした。

前職での不満は?まとめ

前職での不満を聞かれた際には、「ないです」という回答はさけ、他の質問と一貫性を持った回答をすることが必要です。

人間関係への不満やネチネチとした不満は自分自身の印象を下げてしまう可能性がありますので、言い回しや言い方には十分に注意しましょう!

前職での不満に対する質問対策に限らず、中途採用の場合、自分自身の価値観やキャリアプランを問われる質問が多くなりますので、自己分析はしっかりと行っておきましょう。

中途採用であれば無料!転職力診断テスト@typeをお薦めします。

転職力診断では市場に対して自分の経験やスキルがどの程度の需要があるのか、またスカウトされる可能性のある企業は何社か?などが確認できます。

転職力診断

転職力診断は無料ですぐ行うことができ、そのまま転職活動に利用することが出来ます。

転職活動に”プログラマー”という武器を持とう!【学歴一切不問】

転職活動をしている方の中には高年収が目指せる上場企業を目指している方も多いのではないでしょうか。

上場企業への就職・転職は常に人気で非常に狭き門です。少し対策した程度では絶対に入社することはできません。そこでおすすめなのが【プログラマー】として就職することです。

プログラマーであればどこの企業も慢性的な人手不足ですし、新卒・中途問わず常に高年収で採用しています。

求職者
でもおれは文系だから絶対に無理だよ・・

と思っている方でも絶対にプログラマーになれる方法があります。それがプログラマカレッジ です。

プログラマカレッジは学歴問わず未経験からプログラミングをしっかりと身に着けることができるプログラミングスクールで、スキル習得後は上場企業・メガベンチャーへの就職・転職もしっかりとサポートしてくれます。就職率は96%でしかも完全無料!!

プログラマーやエンジニアは今後さらに需要が増えるとされている完全に狙い目の職種です。

「就活で思うように結果が出ない方」「転職活動でこの先なにをしようか悩んでいる方」はプログラマーという肩書きを武器に上場企業に就職するという選択肢を持つのもよいのではないでしょうか。

プログラマカレッジでは年間300人以上の人が未経験から上場企業にプログラマーとして就職しています。無料体験もあるので就活生・転職活動中の方は是非気軽に参加してみてください!

公式サイト:プログラマカレッジ

営業職には就きたくない・・営業はもう嫌だという20代の方が利用し、プログラマーとして就職・転職しています。
レッド隊員
新卒の利用ももちろんOKです!20代の方であれば気軽に参加してみましょう!

プログラマカレッジの解説はこちら

プログラマカレッジで未経験からエンジニアに!5つの特徴と評判は?

2017.07.27





大学生向け口コミサイト「就活ノート」

大学生の情報収集に必ず役立つサイトが「就活ノート」です。企業の口コミからES対策・面接対策、実際の内定者の履歴書などこれ1つで就職活動に必要な情報をGETすることができます。


会員登録後にすぐに利用できますので、まずは情報収集に利用してみてください!



中途採用向け口コミサイト「キャリコネ」

中途採用の方にはキャリコネがおすすめです。キャリコネは実際に働いたことのある社員のリアルな給料・待遇・残業・休日・社内不倫まで。知りたいことをすべて知ることができます。口コミをすべて見るためには会員登録が必要となりますが、すべて無料ですので気軽にチェックしてみてください!