面接官と噛み合わない!「転勤を希望しない」で不採用!

面接官と噛み合わない!「転勤を希望しない」で不採用!

とある大手小売企業の子会社である、システム開発会社の中途採用面接に行った際のことです。

前職では転勤が多く、これ以上の転勤・転居は避けたいとの思いから始めた転職活動だったため、応募書類にも転勤を希望しない旨を記載していました。

応募した会社は自宅からの通勤圏内にしか拠点がなく、実質的には転勤はありえないのですが、念のため応募書類にも記載していたのです。

何らか会社の事情で転勤が予想される場合には、書類選考で落とされるはずだと考えたからでした。

書類選考は無事に通り、次の選考である面接に進むことになりました。

面接は一般的な内容

まずはよくある面接と同様に、志望動機やこれまでの経験やスキルなどの質問がありました。

もともと転職活動の準備を長い時間かけてやっていたこともあり、問題なく回答して面接官の印象も良かったと思います。

そして面接の中盤にさしかかり、具体的な労働条件などについての話になりました。

そして、面接官から不意に質問がありました。

「転勤を望まないそうですが、もし転勤の辞令があった場合には、転勤できますか?」と。

急に怒り出した面接官

応募書類にも転勤は希望しない旨を記載してますし、そもそも今の会社の拠点では転勤はありませんよね、ということを確認したところ、急に面接官の態度が変わりました。

「転勤というのは会社の命令だ。転勤できるかどうかというのは社員は断ることができない。転勤を断るということは、会社からの命令を断るということだ。あなたは、会社が下した命令に逆らうことがあるということですか!」と。

こちらは転勤のことについて聞かれたため、転勤について希望しないと回答したのですか、面接官の質問の意図としては、会社の命令に従えるのかどうかというように、質問の趣旨が広範囲になってしまっているようで話が噛み合いません。

結局「会社の命令には従うけれど、転勤は希望しない」と説明しますが、面接官は納得せず、会社の命令に従えないのですね。という解釈をしてしまいます。

残念ながら、面接が終わるまでその転勤に関する話は噛み合わないままとなってしまいました。

こんな状況では万一採用されても、入社してから苦労してしまうと思っていましたが、案の定というか、無事にというか不採用となりました。

噛み合わない面接は上手くいかない

体験者様の言うとおり、「転勤を希望しない」ということと「会社の命令に従わない」というのは別の問題だと思います。

事前に履歴書にも記載しているので、その時点で「会社の命令に従わない人材」と判断されていたのであれば面接に呼ばれないですよね。

おそらく書類選考した人と、実際に面接した人が違うのでしょうね。命令に従わないと解釈したのはこの面接官だけだと思います。

それにしても大げさな面接官ですね、質の低い面接官がいる会社は不採用でよかったのではないでしょうか。

ちなみに噛み合わない状況になった場合は、無理に納得させようとするとお互いにヒートアップしてしまう可能性がありますので、自分の考えをサラッと述べて、引くのが正解ですが、残念ながら多くの場合は上手くいきません。

結果を待つより気持ちを切り替えて転職活動を行いましょう!

転職は求人サイト選びから始めよう!

良い会社に転職するためには転職サイト選びからしっかり行わなければなりません。

転職サイトでもよい求人が掲載されているサイト・そうでないサイトなどたくさん種類があります。

数ある求人サイトの中でも、特におすすめする転職サイトは「リクナビNEXT」です!

  • 求人の質が高い
  • 上場企業・大手企業
  • スカウトが多い
  • 年収がアップしやすい

リクナビNEXTにはグッドポイント診断もついており、自己分析の書籍を購入する必要もありません。

転職を検討している人は登録必須です!






【常識】転職前の企業リサーチ

 

転職前に企業の調査は必須です!特に企業内部の口コミや評判は非常に参考になります。

キャリコネでは残業の有無・実際の給料などリアルな評判がリサーチできますので、応募前にぜひ活用してみてください。



転職アプリの決定版「ジョブクル」

転職を検討している人に”本気でおすすめ”できるのが転職アプリ「ジョブクル」です。ジョブクルは転職アプリでありながら求人数10,000件以上・チャットで気軽に連絡・応募代行・履歴書添削などなど転職に必要なことがスマホ一台で完結します。転職初心者の方はもちろん転職をスマートに終わらせたい方にもおすすめです!

ダウンロード後すぐに開始できますので、まずは情報収集に利用してみてください!