某大手テレビ局の選考!四次面接で不採用・・面接の内容は!?

某大手テレビ局の選考!四次面接で不採用・・面接の内容は!?

昔の新卒時代の就職活動のエピソードです。

私は当時女子大に通っており、女子大を卒業後ほとんどの女子が一般職に就職し結婚していくという風潮の時代であり、その時代のど真ん中にいた女子大でしたので、私自身どこかの企業にいきたい!という強い想いはありませんでした。

みんなが受けるからと一緒に選考を受けた航空会社を採用され、六年間客室乗務員を経験しましたが、今回はその時の就職面接の話ではなく、4次面接で落ちた某大手テレビ局の採用試験について書いてみたいと思います。

きっかけは「恋のから騒ぎ」への出演オファー

大学時代にやっていた 「恋のから騒ぎ」という明石家さんまさんが司会をしていた局のプロデューサーの方?がよく大学近辺にいらして、素人でタレント性のありかそうな人をみつけては、「恋のから騒ぎでませんか?」と声をかけていました。

私も私の友人も声をかけられましたが、出演はしませんでした。

声をかけられたときに友人と一緒に話を少しだけ聞いたのですが、さすがテレビ局の方、本当にお話しのされ方が魅力的で、恋のから騒ぎにでないと人生損してしまう!今からネタに磨きをかけて面白い話ができる人間にならなければ!と本気で思わせてくれるトーク力とパワーをお持ちだと思いました。

その方の素晴らしい人間パワーがあまりにも印象的で、テレビ局を受験した、というのが一番の志望理由かと思います。

ラフな一次面接

当時は一次面接は、雑談のようなラフな楽しい雰囲気で、周りの面接にきた方たちとも仲良くなってしまい、面接官も聞き上手な方で、つい話すぎてしまうような感じでした。

はっきり覚えていませんが家族のことがメインでした。

うちは父母がとても仲良しなんですが、どれくらい仲良しかという具体的なエピソードを話しすぎて、帰宅して両親に話したよ、といったら、「なにしてんの、もう!」と母が赤面して笑っていたのを覚えています。

怖すぎる二次面接

2次面接は和やかな1時面接後に比べ暗黒の時間だったので、今でもはっきり覚えていますが、本当に怖かったです。

私は警察に取り調べを受けたことはありませんが、テレビてみるまさにあんな感じでした。

三人くらいの怖い顔のおじさんがいて、一番右のおじさんは、私がなにを話してもひたすら、だから?とか、あまりおもしろくないねとか笑えないねーとか、ずっと表情をかえずつぶやいてました。

今でいうところの圧迫面接になるのでしょうか。

真ん中の方は全く話さず寝ていました。

左の面接官は、違う誰かの面接が素晴らしかったとか、そんな話ばかりをして私の話は興味ないよアピール。さすがにそこまでこの会社に受かりたい希望がない私は「すみません、キレさせていただいてもよろしいでしょうか?」と丁寧にたずね、反撃!20分くらいしゃべりつづけましたね。なぜ、受かったのか全くわかりません。

三次面接はなぜか記憶がなくてすみません。グループ面接で仲良しの子ができて、今もその子とはママ友なんですが、面接の内容は全く覚えてないんです。

四次面接の質問内容

そして、最後四次面接はとにかくすごい速さで質問されました。

それに対して五秒で回答しろというので頭はフル回転、質問は確か、

  • もし明日あなたが死ぬとしたらなにをする?
  • 誰に会いたい?
  • あなたがどこかを爆発するとしたら、どの駅にする?
  • 動物のモノマネを五分以内で最大限面白くしてください
  • 自分より隣の人が不細工だと思うなら手を上げて
  • 玉の輿に乗る方法教えてくれますか?

などちょっと変わった質問が多かったです。楽しかったですよ、落ちましたが。

昔の話ですがテレビ局の採用試験を受ける方の参考になればと思います。

貴重なテレビ局での選考内容

テレビ局の面接の内容は貴重ですね。

時代が少し前とはいえ、選考内容などが大きく変わることはないので今でも行われているのではないでしょうか。

体験談を見る限り昔から圧迫面接は行われていたんですね。今ではインターネットですぐに拡散されたり、情報が出たりするので最近のような印象がありますが・・・

マスコミやテレビ局を志望される方は是非参考にしてみてください!

短時間で回答するためには自己分析は必須

フラッシュ暗算のようにパッパッパッと質問され、即答しなければいけないような面接形式は考える時間が少ないため、応募者の本音が出やすいです。

こうした面接にしっかりと対応するためには自己分析ができていないと回答に詰まったりしてしまいます。

新卒であれば書籍などでの自己分析もよいですが、無料でできる「Future Finder」をお勧めします。

深層心理に基づいた自己分析結果を見ることができ、企業との相性や向いている職業などを診断してくれます。

就活生に人気で必須のツールですので、登録がまだの方は登録をお勧めします!


Future Finder





【常識】転職前の企業リサーチ

 

転職前に企業の調査は必須です!特に企業内部の口コミや評判は非常に参考になります。

キャリコネでは残業の有無・実際の給料などリアルな評判がリサーチできますので、応募前にぜひ活用してみてください。



転職アプリの決定版「ジョブクル」

転職を検討している人に”本気でおすすめ”できるのが転職アプリ「ジョブクル」です。ジョブクルは転職アプリでありながら求人数10,000件以上・チャットで気軽に連絡・応募代行・履歴書添削などなど転職に必要なことがスマホ一台で完結します。転職初心者の方はもちろん転職をスマートに終わらせたい方にもおすすめです!

ダウンロード後すぐに開始できますので、まずは情報収集に利用してみてください!