【面接官失格】嫌いになるほど態度の悪いベンチャー企業の面接官!

【面接官失格】嫌いになるほど態度の悪いベンチャー企業の面接官!

就職活動で選考を受けたIT系ベンチャー企業は、当時名前が一般にも浸透しつつあったとても調子の良い企業でした。

この企業の面接内容は、就職活動生同士でグループミーティングをしたり、ゲームをしたり、ディスカッションをしたり……と、実にベンチャーらしい「変わった」内容でした。

しかし、変わっていたのはそれだけではありませんでした。

まさかの辞める宣言をする面接官

ディスカッション面接の担当になった社員が、開口一発「俺、この会社、あと数年で辞めるつもりなんだけど~」と、自分の夢を語りだしたのには本当に驚きました。

曰く、ボランティア活動で海外に行きたい、そうして人の役に立ちたいという熱い夢があり、この企業はそのための踏み台でしかないとのことでした。

隣にいた別の社員も同様で「俺もこの会社を辞めて、将来は海外でビッグなことを成し遂げたい」と、自己紹介代わりに自分の野心を語り始めました。

挙句、自分達は特別だ、優れた優秀な人材だ、ということを暗に自慢し始めて、語れば語るほど悦に浸っているような状況でした。

そもそも、これから会社に入社するかもしれない就職活動生の前で、堂々と辞める宣言って……。

それに、この会社は踏み台でしか無い、なんて平気で言える(言わせる)会社って、正直、どうなんだろう?? と不信感でいっぱいになりました。

グループディスカッションも態度が悪く・・

しかもディスカッションが始まると、二人は参加者である就職活動生の意見を聞くたび、いちいち鼻先で笑い飛ばし、小馬鹿にする始末。

聞く態度も高校にいる不良のような態度で、仮に圧迫面接の一種だったとしても、失礼にもほどがあると感じました。

あまりの状況に、面接の途中で、時間の無駄だし早く帰りたい、仮に次のステップに進めたとしても絶対に断ろうと心に誓っていました。

選考結果不採用でしたが、逆にそれで良かったと思っています。

面接を通して企業のことが嫌いになったのはそれが初めてでした。

この一件があってからというもの、この企業の商品はなるべく買わないようにしています。

調子の良いベンチャーにいそうな面接官

こちらのITベンチャー企業だけに限らず、調子の良い会社の面接官はどこか「自分たちは特別だ」と勘違いしているケースが少なからずあります。

夢を語ることはいいとしても、「これから先一緒に会社を大きくしていこう!」など、会社にまつわることであれば問題ないですが、「数年で辞める予定で~」というのはそもそも面接官失格ですね。

その企業そのものが嫌いになるということは相当態度が悪く、稚拙な面接官だったと予想されます。

勢いがあるベンチャー企業を受けようとされている方は、こうしたケースもあるので十分に注意してください!

優良ベンチャーを見たいのであれば「Find Job!」がお薦め!

残念ながら今回のケースですと、勢いはあるものの残念なベンチャー企業に当たってしまったようですが、優良ベンチャーをたくさん見たいのであれば「Find Job!」がお薦めです。

ベンチャーやスタートアップの求人に特化した老舗の求人サイトで、有名ベンチャーからこれから大きくなる会社まで数多くの求人を掲載しています。

サイトも見やすく、掲載されているベンチャーの質も高いので、ベンチャー企業に興味のある方は是非一度ご覧ください!






【常識】転職前の企業リサーチ

 

転職前に企業の調査は必須です!特に企業内部の口コミや評判は非常に参考になります。

キャリコネでは残業の有無・実際の給料などリアルな評判がリサーチできますので、応募前にぜひ活用してみてください。



転職アプリの決定版「ジョブクル」

転職を検討している人に”本気でおすすめ”できるのが転職アプリ「ジョブクル」です。ジョブクルは転職アプリでありながら求人数10,000件以上・チャットで気軽に連絡・応募代行・履歴書添削などなど転職に必要なことがスマホ一台で完結します。転職初心者の方はもちろん転職をスマートに終わらせたい方にもおすすめです!

ダウンロード後すぐに開始できますので、まずは情報収集に利用してみてください!