ベンチャー気質の保険代理店。面接は占いとフリートークで選考!

ベンチャー気質の保険代理店。面接は占いとフリートークで選考!

保険代理店の営業職の面接を受けた時のエピソードです。

ベンチャー気質な社風で、変わった質問は覚悟して面接に臨みました。

1次の人事担当者の面接は一般的に志望動機や自己PRからの掘り下げ質問を聞かれて終わったのですが、次の選考段階である人事部長面談でその時がきました。

人事部長が「私が占い師だとして、あなたは今私に何を占ってもらいますか?」という質問を投げかけてきたのです。

私は、「この企業は5年後どうなっているのでしょうか?」「私は出世するのでしょうか?」といった回答をしました。

企業の先行きについては、現在の経営方針についてや、従業員数の増加を視野に入れ、企業規模を大きくする計画があるという内容を細かくお答え頂きました。

私が出世するかどうかについては、「君は保険屋っぽい外見だから大丈夫だし、ウチは努力すれば自分を伸ばせるフィールドだ」とお答えいただきました。

占ってもらうという体で聞いたのは、「質問内容に惑わされず、聞きたいことが聞けるかどうかをチェックしていた。」という種明かしをすぐその場でして頂きました。

占いの後はフリートーク

また「仕事や企業に関すること以外で、何でもいいから私と会話してみてください」という質問(?)が投げかけられました。

フォーマルな雰囲気の面接の場で、フリートークを要求されたのです。

私は、説明会時にその人事部長が少しだけお話していたご自身のエピソードなどを思い出し、そこから話を繋げていきました。

会話が終わった後、再びフィードバックを頂いたのですが「相手に興味を持って会話ができているか、質問内容は端的なものか」といったコミュニケーション能力を見ていたようです。

選考結果は合格でした。

奇抜な質問を受けても、自分の正直な内面を出せるのか、またコミュニケーション能力は十分か、といった点を評価基準にしており、私は基準に達したとのことです。

結果として良かった面接経験といえますが、変わった質問をされたときは「どう答えるのが正解なんだろう」と考えて焦ってしまい、当時は冷や汗ものでした。

営業は対応力を問われる

ベンチャー気質とあって変わった質問をしますね。

占いにしてもフリートークにしても営業に欠かせない「機転」や「対応力」を試されている印象です。

恐らく動揺して一言も返せなかったら不採用になるでしょう。

占いくらいの変わった質問に関しては何とか対応できるのではないかと思いますが、フリートークは結構難しいですよね。

私だったら動揺してアタフタしてしまいますが・・

いきなりの要求を見事にこなした対応力は見事ですね!

体験者様のおすすめ!

体験者
金融関係の仕事はリクナビNEXTがいいと思います。

今回保険代理店に転職しましたが、他にも外資系の生保、損保を中心とした金融関係の仕事を探していました。

転職するにあたり、複数のサイトに登録しましたが、条件の良い求人が多かったのが「リクナビNEXT」です。

大手の求人から今回採用されたベンチャーまで求人が豊富で、「グッドポイント診断」が無料で利用できたこともありがたかったです。





【常識】転職前の企業リサーチ

 

転職前に企業の調査は必須です!特に企業内部の口コミや評判は非常に参考になります。

キャリコネでは残業の有無・実際の給料などリアルな評判がリサーチできますので、応募前にぜひ活用してみてください。



転職アプリの決定版「ジョブクル」

転職を検討している人に”本気でおすすめ”できるのが転職アプリ「ジョブクル」です。ジョブクルは転職アプリでありながら求人数10,000件以上・チャットで気軽に連絡・応募代行・履歴書添削などなど転職に必要なことがスマホ一台で完結します。転職初心者の方はもちろん転職をスマートに終わらせたい方にもおすすめです!

ダウンロード後すぐに開始できますので、まずは情報収集に利用してみてください!