100円均一は百貨店より上だと言い張る面接官

大学時代、就職活動をしていたときの話です。

たくさんの企業に応募させて頂いたのですが、そのなかで記憶に残る企業がありましたのでお話させて頂きます。

それは有名なとある100円均一企業でした。名前をきけば大抵のかたが知っている企業です。面接の前からこの企業は少し変わってるなと思っていました。「百貨店よりも我々のほうが上だ」とある有名な百貨店の名前をだして力説。

その百貨店に恨みでもあるのか、チクチクとその百貨店の文句を言い、我々のほうが優れていると永遠と聞かされました。その説明を受けたあと、我々と同じ思いの方は、この後の面接に残るようにと言われました。

やはり半分以上のかたは違和感を持ったのか、会場から出ていったのですが、私は逆に面白いと思い、次の面接に残りました。

面接内容

面接では、その説明会と同じ思いのようなことを問われました。

「君は百貨店より、我々のほうが優れていると思うか?」

面接に来て、否定するやつは基本いないでしょう。面接官はさぞ満足げに、そうだろうと頷きました。その後も、

  • 「どこが優れていると思う?」
  • 「百貨店が100円均一の店を入れないのはおかしいとは思わない?」

など言われ、聞かれるというより、同意を強調させるような質問でした。

もちろん私も受かりたい一心でしてので、その面接官の気持ちを損なわないよう努めました。面接官はさぞ嬉しそうでした。

そうだろう、今は百貨店の時代じゃない、100円均一の時代だと何回も言ってきました。そもそも百貨店も100円均一は違う業種じゃないかと未熟な大学生の心の中で思っておりましたが、そんねことは微かにも言えず、最後までその面接官のイエスマンでいました。そして、結果は…。

不採用でした。

私はかなりびっくりしまさした。

面接官のいうがままに応えていたのに。もしかしたら、あの中で否定する意見を言える人材を探してしたのでしょうか。そうだとしたら、私はそれにはまった、ただのバカな大学生だったのかも知れません。

あのときは他に知っている人もいなかったので、どう答えていたら受かっていたのか?今でも疑問に思い、聞きたくて仕方がありません。わだかまりの残る就職面接でした。





【常識】転職前の企業リサーチ

 

転職前に企業の調査は必須です!特に企業内部の口コミや評判は非常に参考になります。

キャリコネでは残業の有無・実際の給料などリアルな評判がリサーチできますので、応募前にぜひ活用してみてください。



転職アプリの決定版「ジョブクル」

転職を検討している人に”本気でおすすめ”できるのが転職アプリ「ジョブクル」です。ジョブクルは転職アプリでありながら求人数10,000件以上・チャットで気軽に連絡・応募代行・履歴書添削などなど転職に必要なことがスマホ一台で完結します。転職初心者の方はもちろん転職をスマートに終わらせたい方にもおすすめです!

ダウンロード後すぐに開始できますので、まずは情報収集に利用してみてください!