面接では留学経験が不利に!?就職活動で何社も不採用・・

面接では留学経験が不利に!?就職活動で何社も不採用・・

中途採用での就職活動で求人誌や転職サイトで案件を探し、六本木の税理士事務所の一般事務に応募しました。履歴書が通り、面接を受けられることになりました。

私は留学の経験があり「留学経験のある人にはつまらない仕事だから・・」との断り文句で、それまでに何社も落ちていたので結構精神的なダメージも溜まっていて、「行きたくないな…どうせまた落とされるし」とも思っていました。

でも、とにかく行かなきゃ何も始まらないので、「ダメ元で行くか!」という気持ちで何とか自分を奮い立たせて、事務所に伺いました。

面接官は事務所の代表者と副代表の方でした。

  • 志望動機
  • 自分で思う長所
  • 短所
  • 採用されたら弊社にどんなメリットがあるか

などを質問されましたが、とくに奇をてらったような変わったものはありませんでした。

ただ、偶然にも代表の方と私が同郷だったので、地元の話を色々と聞かれました。ちなみに地元には男子のトップ校と女子のトップ校があり、お互いにそれらの学校の卒業生だったので「学生時代に真面目に勉強に取り組んできた」という良い印象になったようです。このあたりは雑談のような感じで、そのおかげで私もリラックスしてきました。

ただ「うちの仕事は結構単調で、新しいアイデアとかも必要としないし、せっかく留学なんかもしていた○○さんにはちょっと退屈かも知れないよ?」という話もされたのですが、私にとってはそんなことはどうでもよく、とにかく仕事をしないと生活できないので、全力で否定しておきました。

留学経験者へのハードル。最後は熱意で!!

留学していたり、大学院を出ていたりする人にとっては、この「やってきたことも活かせないし、あなたにとっては退屈かもよ?」という質問をどのように切り返すかが、付いて回るハードルだと思います…。

今回の面接でもそれを感じましたし、今までもそうでした。

面接の最後に代表の方に

「最後に、1分あげるので自由に自己PRをしてください」

と言われました。

面接は比較的楽しかったのですが、「面接の感触がよくても、どうせまた落とされるんだろうなぁ…このおじさんたちと会うのもこれが最後だ」と思っていたので、もう半分やけくそで「真面目に本当に頑張ります。もし、採用してから少しでも期待を下回るようなことがあったら、その時にすぐおっしゃって下さい、それまでの倍頑張ります!後悔はさせません!」とか、勢いに任せて色々話しました。

じつはこれは本心なのですが、なかなかここまで露骨な言葉でぶちまけたことはなく、面接官のお2人も思わず「おぉ、熱いねぇ」という感じで笑っていました。

結果は!?

結果には全く期待せず待っていましたが、後日副代表から電話があり、

「うちの仕事は、やっぱりあなたにはちょっと簡単すぎて飽きてしまうかも知れない。でも、うちの取引先の広告制作会社で、近々1人欠員が出るので探しているということだから、ぜひ推薦したい」

ということで、なぜかトントンと話が進み、副代表同席のもと、その取引先の面接を受けることになりました。その席で副代表が、先日の面接で初めて会った私をガンガンにプッシュして推薦して下さり、結果的にその会社で採用されました!

まさかの展開でしたが、これも火事場の馬鹿力というのでしょうか、固定概念に囚われず、全部の力をぶちまけてぶつかっていくと、何かしら拓けるものだなぁと感じましたし、面接はある程度の立ち居振る舞いや敬語が出来ていれば、完璧にお手本どおりでなくても、最後は熱意がものを言うのだと改めて思いました。

留学経験者あるある

留学経験があると聞くと優秀なイメージを持ちますし、採用企業としても少し扱いにくさがあるのかも知れませんね。留学経験の経験がかえって採用を遠ざけるというのはあまりよろしくない文化ですね。

最後は自分の気持ちを素直にぶつけたことで結果として別会社で採用されたドラマのような素敵な体験談です。

こういった経験をされている方というのは少ないでしょうし、貴重な体験だと思います。

就職活動や転職活動でうまくいっていない方がいたら、自分をよく見せることばかり考えずに「素直な気持ちを伝えること」で状況が好転するかもしれません!是非諦めず頑張ってください!

留学経験者の転職はどうすれば・・

留学経験や一般的に珍しい経験をお持ちの方は企業から「扱いにくい」と思われる可能性があります。

そのため一人で転職活動しようとせずに、まずは留学経験などの受け入れ先を代わりに探してくれる転職エージェントを利用することをお勧めします。

転職エージェントを利用すれば事前に企業に情報が伝わりますので、わざわざ面接にいって、「留学経験は活かせないよ・・」と言われることもありませんし、「留学経験」を活かせる仕事を探せる可能性があります。

「どの転職エージェントを選べばよいか分からない・・」という方は実績と利用者の満足度の高い【DODA】(デューダ)をお薦めします。

非公開求人も多いですし、取引先企業も他のエージェントと比べると圧倒的に多いです。

まずは一人で悩まずにアドバイザーのカウンセリングを受けることをお勧めします。

[/aside]





【常識】転職前の企業リサーチ

 

転職前に企業の調査は必須です!特に企業内部の口コミや評判は非常に参考になります。

キャリコネでは残業の有無・実際の給料などリアルな評判がリサーチできますので、応募前にぜひ活用してみてください。



転職アプリの決定版「ジョブクル」

転職を検討している人に”本気でおすすめ”できるのが転職アプリ「ジョブクル」です。ジョブクルは転職アプリでありながら求人数10,000件以上・チャットで気軽に連絡・応募代行・履歴書添削などなど転職に必要なことがスマホ一台で完結します。転職初心者の方はもちろん転職をスマートに終わらせたい方にもおすすめです!

ダウンロード後すぐに開始できますので、まずは情報収集に利用してみてください!