郵便局員への転職!内定をGETした素直で正直な面接の回答!

郵便局員への転職!内定をGETした素直で正直な面接の回答!

私は28歳の時に、郵便局の面接を受けました。

前職は全く違う仕事についておりましたが、ブラック企業だったため、安定したイメージのある郵便局員に応募しました。

郵便局に転職するために、私の実際に体験した面接を覚えている限りここに記したいと思います。

面接内容

まず面接に関してですが、一般的な質問が多く、なにより世間話が多かったです。

これは面接官にもよって変わると思いますが、私の場合は「面接の体」を保つために軽く質問をされた印象です。

まず最初に質問されたことは「前職の退職理由」です。

これは中途採用であればどの会社でも聞かれるのではないでしょうか。

正直に言ってくれ!

ただ他の会社とは違って「退職理由を正直に言ってくれ」と言われましたので、「前の会社はブラックで、サービス残業も休日もとれないのは当たり前で、パワハラもひどく、正直やっていられない!」と、ありのまま答えました。

一般的には不満はあまり言わないほうが良いと言われていますが、正直にと言われたので思いっきり言ってやりました。

退職理由の次はは志望動機です。

私の場合は前職での不満が溜まっており、

  • サービス残業もなし
  • 休日出勤もなし

働いたら働いた分だけ給料が貰える普通の会社に勤めたいと先ほどの退職理由同様に正直に回答しました

ここまでは一般的な質問でしたが、ここから少し意外なことを聞かれました。

質問は意外な方向へ

少し意外だと感じたのは「お酒は呑みますか?」という質問です。

「質問の意図はなんだろう?」といろいろ考えがめぐりましたが、郵便局員であれば配送も業務の一つとなってきますので飲酒運転は許されません。

お酒は好きでしたが控えめに回答しました。もし内定をもらえたらお酒は控えようと思ってのことですが・・

その後は「前職より給料が下がるかもしれませんが問題ありませんか?」といった年収や待遇面の確認の質問や雑談が中心でした。

前職がブラック企業だったこともあり、とにかく給料が下がっても、普通の会社で働きたいと思っておりましたので、「パワハラや正当な評価をしっかりといただけるのであれば郵便局で働きたい」と馬鹿正直にアピールしました。

面接にこんなに正直に答えたのは初めてでしたが、無事内定もでき、入社してみてパワハラや過度な残業もなくストレスなく働けています。

私のところは慢性的に人不足ですので、みなさんも受けてみては如何でしょうか。

最後に面接対策するのももちろん必要ですが、一番大事なのは「正直さ」です!

面接は正直に回答しましょう!

ブラック企業から郵便局への転職成功談です。

面接では「正直に」と言われたこともあり、ありのまま思っていることを回答することで内定したようですね!

学生の就職活動もですが特に転職の場合、素直に回答することで企業とのミスマッチが起こりにくくなります。

入社したいがために「嘘をつく」ことで入社後のずれが生まれ、結局また転職をしてしまいます。

郵便局に転職したことでストレスなく働けているようですし、まさに素直に正直に回答した結果として良い転職ができたのだと思います!

転職は求人サイト選びから始めよう!

良い会社に転職するためには転職サイト選びからしっかり行わなければなりません。

転職サイトでもよい求人が掲載されているサイト・そうでないサイトなどたくさん種類があります。

数ある求人サイトの中でも、特におすすめする転職サイトは「リクナビNEXT」です!

  • 求人の質が高い
  • 上場企業・大手企業
  • スカウトが多い
  • 年収がアップしやすい

リクナビNEXTにはグッドポイント診断もついており、自己分析の書籍を購入する必要もありません。

転職を検討している人は登録必須です!






【常識】転職前の企業リサーチ

 

転職前に企業の調査は必須です!特に企業内部の口コミや評判は非常に参考になります。

キャリコネでは残業の有無・実際の給料などリアルな評判がリサーチできますので、応募前にぜひ活用してみてください。



転職アプリの決定版「ジョブクル」

転職を検討している人に”本気でおすすめ”できるのが転職アプリ「ジョブクル」です。ジョブクルは転職アプリでありながら求人数10,000件以上・チャットで気軽に連絡・応募代行・履歴書添削などなど転職に必要なことがスマホ一台で完結します。転職初心者の方はもちろん転職をスマートに終わらせたい方にもおすすめです!

ダウンロード後すぐに開始できますので、まずは情報収集に利用してみてください!