「前職の退職理由」面接官に良い印象を与える回答方法は!?

前職の退職理由_面接官に悪い印象を与えない回答方法!?

中途採用の場合必ず聞かれると言っても過言ではない前職の退職理由。

前職の退職理由は前の会社の悪口を言うわけにもいかないですし、かと言って回答しないわけにも行かず転職をする人にとっては頭を悩ませる質問です。

回答を間違えれば悪い印象を与えてしまいかねない質問ですが、ここはさらっと回答し面接を乗り切りたいものです。

そこで今回は「退職理由」を聞かれた際に良い印象を与えて内定を近づける回答方法をご紹介したいと思います。

前職の退職理由:回答ポイント

まず退職理由を回答する際には前職への不満はタブーとされています。会社に限らず人の悪口をべらべらと話すことは聞いている人にとってあまり良い印象を与えず、面接官に自社にそぐわないと判断される可能性があるためです。

しかし退職理由を述べる際には軽い前職への不満は必要です。そうでなければ「ではなぜ転職を?」とかえって不信感をあたえてしまいます。

ナビゲーター
言いすぎには注意が必要です。

不満の種類もいくつかあり

  • 給与
  • 勤務時間
  • 仕事内容

などが考えられますが、退職理由に用いるべき不満は、

  • キャリアプランが実現できそうになかった
  • 今以上のスキルを身につける環境ではなかった

など、将来のことを考え、自分の理想のキャリアプランのために退職をしたと考えるのがベストです!

回答例

企業
退職した理由を教えてください。
就活生
はい。自分の考えているキャリアプランは○○で、前職は××の理由で実現できそうになかったため退職しました。

企業
なるほど。

このように回答することで、前職への不満をほとんど言わずに向上心のアピールと退職理由を回答でき一石二鳥です!

退職理由を回答する際には是非キャリアプランを取り入れてみてください!

前職の退職理由で悪い印象を与える危険な回答

退職は理想のキャリアプランのためと答えることで良い印象を与えることができますが、では「給与が低いから」や「勤務時間」は退職理由としてはなぜダメなのでしょうか?

それは応募企業にも「退職した理由がそっくりそのまま当てはまる可能性があるから」です。当然募集要項を見ての応募だと思いますが、実際入社してみたら思っていた給与・勤務時間と違ったということはよくあります。

例えば、「給与が低いから退職しました。」と回答した場合、たいていの面接官はこう思います。

企業
うちもそんな高くないんだけどなぁ・・

「残業が多かったから退職しました」と回答した場合。

企業
うちも残業あるんだけどなあ

と内心思ってしまいます。

御社はそんな悪い会社じゃないですよね?といった過度な期待をしているような回答をすると、給与が少しでも低かったら、時間外勤務が少しでもあったら辞めてしまうミスマッチ人材と捉えられかねません。

あなたの回答で面接官がどのように捉えるのかしっかり考えて回答することは大切です。ただ、常識の範囲を大きく越えるレベルの給与水準や時間外勤務だった場合は別です。その場合は正直に回答しましょう!

 回答例文

前職では○○を主な業務としておりましたが、○○以外の業務を任されることが少なく、私としては○○のみならず多岐にわたる業務を行い、スキルアップやキャリアを形成していきたいと考えておりますため退職いたしました。
ナビゲーター
会社の不満も少し入れながら、キャリアアップ、スキルアップを考えての退職であることが伺えます。

前職の退職理由回答ポイントまとめとおすすめ

中途採用にありがちな前職の退職理由を質問された際には、前職の不満を少し含めながら、キャリアアップのため、スキルアップのためと回答しましょう!

給与面や待遇面を退職理由としてしまうと応募企業から過度に期待されていると判断されてしまう可能性があります。

では理想のキャリアアップやスキルアップは?と質問が不可彫りされる可能性がありますので、必ず自己分析を行い、自分自身の理想の将来像を描き、スグに回答できるように対策しておきましょう!

参考までに中途採用のおすすめ自己分析は@typeの「転職力診断」です。

公式:無料!転職力診断テスト@type

  • 適正年収
  • スカウト予想企業数
  • 転職力全国ランキング

などが詳細な自己分析が無料で行えます。

転職を検討している方は是非こうした自己分析ツールを利用して「前職の退職理由」などの質問に備えましょう!

転職活動に”プログラマー”という武器を持とう!【学歴一切不問】

転職活動をしている方の中には高年収が目指せる上場企業を目指している方も多いのではないでしょうか。

上場企業への転職は常に人気で非常に狭き門です。少し対策した程度では絶対に入社することはできません。そこでおすすめなのが【プログラマー】として就職することです。

プログラマーであればどこの企業も慢性的な人手不足ですし、新卒・中途問わず常に高年収で採用しています。

求職者
でもおれは文系だから絶対に無理だよ・・

と思っている方でも絶対にプログラマーになれる方法があります。それがプログラマカレッジ です。

プログラマカレッジは学歴問わず未経験からプログラミングをしっかりと身に着けることができるプログラミングスクールで、スキル習得後は上場企業・メガベンチャーへの就職・転職もしっかりとサポートしてくれます。就職率は96%でしかも完全無料!!

プログラマーやエンジニアは今後さらに需要が増えるとされている完全に狙い目の職種です。

「就活で思うように結果が出ない方」「転職活動でこの先なにをしようか悩んでいる方」はプログラマーという肩書きを武器に上場企業に就職するという選択肢を持つのもよいのではないでしょうか。

プログラマカレッジでは年間300人以上の人が未経験から上場企業にプログラマーとして就職しています。無料体験もあるので就活生・転職活動中の方は是非気軽に参加してみてください!

公式サイト:プログラマカレッジ

営業職には就きたくない・・営業はもう嫌だという20代の方が利用し、プログラマーとして就職・転職しています。
レッド隊員
新卒の利用ももちろんOKです!20代の方であれば気軽に参加してみましょう!

プログラマカレッジの解説はこちら

プログラマカレッジで未経験からエンジニアに!5つの特徴と評判は?

2017.07.27





大学生向け口コミサイト「就活ノート」

大学生の情報収集に必ず役立つサイトが「就活ノート」です。企業の口コミからES対策・面接対策、実際の内定者の履歴書などこれ1つで就職活動に必要な情報をGETすることができます。


会員登録後にすぐに利用できますので、まずは情報収集に利用してみてください!



中途採用向け口コミサイト「キャリコネ」

中途採用の方にはキャリコネがおすすめです。キャリコネは実際に働いたことのある社員のリアルな給料・待遇・残業・休日・社内不倫まで。知りたいことをすべて知ることができます。口コミをすべて見るためには会員登録が必要となりますが、すべて無料ですので気軽にチェックしてみてください!