事務職からWEBデザイナーへの転職!未経験でも制作会社に内定!

事務職からWEBデザイナーへの転職!未経験でも制作会社に内定!

私はWEBデザイナーになるために事務職からの転職活動をしていました。

一年間学校に通いWEBデザイナーとしての技術を取得し、未経験ですが正社員を目指して転職活動をしました。

業種はやはり広告会社やIT企業など様々を受けましたが、最終的に受かったのがWEBサイトやアプリ作成に特化したWEB制作会社でした。

WEB制作会社での面接

まずは求人サイトでの応募条件などに目を通し、履歴書と今まで制作したWEBサイトのポートフォリオを企業に送りました。

無事に書類選考に通過した数日後にまずはWEBディレクターとの面接を行いました。

面接は会社で行われたのですが会議室というよりかは休憩室のような、ゆったりとくつろげるソファがある部屋に通されました。今時の若い会社のような雰囲気でした。

ディレクターとの面接は面接というよりも話をしたという感じです。

どうして応募したのか、WEBデザイナーになぜなろうと思ったのかという普通の質問もありましたが、ほとんどが私が制作したWEBサイトの質疑応答の時間で、あとは趣味の話だったり好きな WEBサイトの話をしました。

とても和やかな雰囲気で面接であるということを忘れてしまうくらいでした。

最終面接は社長と

最終面接はその会社の社長でした。

社長といえども若く、そしてまたゆったりとしたソファがある部屋での面接でした。

社長も私のWEBサイトを見てくれて、質問を投げかけてくれたり、こうしたほうがもっといいなどのアドバイスまでくれました。

他には会社についての理念や、今後について、そして社員の特徴や会社のイベントなどについて事細かに教えてくれました。

社長との最終面接はもっと固いものだと思ったので、話しやすさや雰囲気にびっくりしました。

しかしこういう面接のほうが聞きたいことも聞きやすく、自分が言いたいことも言いやすい、面接を受ける側にとっては非常に良い面接だと思いました。

面接の結果は・・

結果は数日後に電話で知らせがありました。

結果は合格でした!

未経験から制作会社に内定を出してもらえたことで非常に嬉しかったです。

今現在もこの会社でWEBデザイナーとして働いています。

面接で感じた雰囲気の通り、話しやすくて風通しの良い環境でとても気に入っています。

未経験でも転職できる

WEBの制作会社はベンチャー企業が多く、比較的風通しの良い会社が多いですよね!

WEBデザイナーやライティングなどのスキルは、制作会社以外の一般企業でも求められこともあるので、今後も十分に役に立つと思います。

自分でスキルを身につけて未経験から専門職であるWEBデザイナーに転職した素晴らしい体験談だと思います。

自分のやりたいことがある方や未経験だからと諦めている方は、諦めずに自分のスキルを向上させて理想の転職を実現させましょう!

体験者様のおすすめ!

体験者
WEB関連の良い求人がたくさん見つかりました♪

今の会社にはWEB関連の企業がたくさん掲載されている「Find Job!」で転職しました。

WEBデザイナーの勉強はしましたが、仕事としての実務は0だったので不安はありましたが未経験OKの求人が多く、他のサイトにはない求人が多かったです。

大手企業も掲載されていましたが、有名なベンチャー企業が多くて年収や待遇なども全体的に良い印象です。

WEBやIT業界に興味のある方にはお薦めできます♪





【常識】転職前の企業リサーチ

 

転職前に企業の調査は必須です!特に企業内部の口コミや評判は非常に参考になります。

キャリコネでは残業の有無・実際の給料などリアルな評判がリサーチできますので、応募前にぜひ活用してみてください。



転職アプリの決定版「ジョブクル」

転職を検討している人に”本気でおすすめ”できるのが転職アプリ「ジョブクル」です。ジョブクルは転職アプリでありながら求人数10,000件以上・チャットで気軽に連絡・応募代行・履歴書添削などなど転職に必要なことがスマホ一台で完結します。転職初心者の方はもちろん転職をスマートに終わらせたい方にもおすすめです!

ダウンロード後すぐに開始できますので、まずは情報収集に利用してみてください!