幼稚園から保育園への転職!実際に面接で出題された質問

幼稚園から保育園への転職!実際に面接で出題された質問

一年半ほど前に、幼稚園教諭から保育士に転職をしました。

その際に民間の保育園(認可保育園)を2園ほど受け、結果としてはどちらも内定をいただきそのうちの片方の園に転職を決めました。

2つの保育園での面接と実技の内容をまとめたいと思います。

1つ目の保育園

1つ目の園は二度の面接に加えて筆記と実技がありました。

筆記の内容については小論文とワークシートのようなもので、どちらも私の人間性や人格的な部分を見るためのものだなという印象でした。

小論文のテーマは「家族の団らんの記憶」に関するもので、ワークシートの中では

  • 大切にしてきたこと
  • ポリシー
  • 好きな言葉など

多岐に渡る質問が書かれていました。

実技試験

こちらの保育園では実際の保育に入るというものでしたが、ずっと見られているというわけでもなく、もちろんいきなり主になって保育を行うというものでもありませんでした。

言われたクラスに入り先生方の指示を受けて保育のお手伝いをしたり子供と関わったりする、という程度のものでした。

【RR】【日本最大級の求人案件数】保育士の転職ならジョブメドレーに簡単無料登録!

2つ目の保育園

2園目は1つ目の園と違い、筆記実技などはなく二度の面接がありました。

2園目の面接では仕事に関しての質問を具体的に回答する必要がありエピソードを求められました。

例えば保育の仕事に関して「どんな場面でどんな保育をしてきて、そこにどんな考えがあったのか」など。

場面といわれると難しいですが、「子どもが泣いている場面」などの実際のシチュエーションを語り、その場で私が取った行動をありのまま伝えました。

特に考えてとった行動ではないため、その点も素直に回答しました、

また前職では人間関係についても深く聞かれました。

先生間のことはもちろん、保護者とのトラブルがあったときに、どのように対応してきたかということです。

どちらも実際に経験したことを元に回答しました。

共通した質問

どちらの園でも共通して聞かれた質問は「前職を辞めた理由」と「転職する理由」を事細かに聞かれました。

当然な質問ではあるのですが、私の場合転職することで給与ががくんと下がる実情があったため、園側としては「なぜなのか」「本当に良いのか」ということを繰り返し聞かれました。

どちらも初回の面接から「だいたいこれくらいしか出せないけれど、来てもらえるのか、最低いくら欲しいか」など具体的な交渉があったほどでした。

2つとも内定

2園とも一週間後の連絡、ということで内定をいただき、1園はお断りしました。

他に受けている園があるかということも聞かれましたが正直にお答えしていました。

保育園への転職を検討している人の参考になれば幸いです。

保育士への転職におすすめ

保育士は給料が他の仕事と比較すると安いため、給料面で求人を比較するのではなく、待遇や環境を見ながら選ぶことをお薦めします。

保育の求人は女性特化の求人サイトにも掲載されていますが、保育士に特化した「ジョブメドレー」を利用することで効率よく見比べながら仕事探しが可能です。

※保育士の方なら知っていると思いますが、求人が非常に多いです。

就職するとお祝い金がもらえる点もおすすめできます!







【常識】転職前の企業リサーチ

 

転職前に企業の調査は必須です!特に企業内部の口コミや評判は非常に参考になります。

キャリコネでは残業の有無・実際の給料などリアルな評判がリサーチできますので、応募前にぜひ活用してみてください。



転職アプリの決定版「ジョブクル」

転職を検討している人に”本気でおすすめ”できるのが転職アプリ「ジョブクル」です。ジョブクルは転職アプリでありながら求人数10,000件以上・チャットで気軽に連絡・応募代行・履歴書添削などなど転職に必要なことがスマホ一台で完結します。転職初心者の方はもちろん転職をスマートに終わらせたい方にもおすすめです!

ダウンロード後すぐに開始できますので、まずは情報収集に利用してみてください!