「好きな本は?」のはるか上を行く!雑誌編集社の面接での質問

「好きな本は?」のはるか上を行く!雑誌編集社の面接での質問

私は関西の生まれで学生のころから小説など、読書が趣味で、そんなことに携える仕事につけたらいいなって思っていました。

でも編集関係の仕事となると、東京に行かなくてはならない。

私は関西から出たくなかったのです。

そんなとき大阪で出版や編集の仕事をしている企業を見つけ奮って応募しました。

雑誌の編集や、グルメサイトのまとめ、旅行サイトのまとめなどを事業展開している企業でした。

面接には好きな本を1冊

書類選考は特になく履歴書を送ると即面接に呼ばれました。

そのとき「好きな本を一冊もってくるように」と言われました。

さすが編集系の企業!なんだかうきうきしました。

私は乙一という作家の小説が好きでしたので、その方の本を一冊持って面接に臨みました。

面接官は一人で若い女性でした。

簡単な自己紹介をしたあと、早速その持って来た本についての質問が始まります。

「その本の簡単なあらすじを教えてください」「その方のほかのおすすめの本を教えてください」「その本の感想を述べてください」

など事前に聞かれるだろうと思っていた質問だったので難なく回答できました。

さすが雑誌編集会社での質問

しかしそこから思ってもいない質問が始まります。

  • 「その方の経歴を教えてください」
  • 「その方の生年月日を教えてください」
  • 「その方が今執筆しているのか、いつ新刊がでるのか、教えてください」

さすがに私はこの作家の追っかけをしているわけでなかったので、そこまでは知らずきちんと答えられませんでした。するとその面接官が

「本当に好きな作家なら、そのすべてを知りたいと思いますよね?」

と言われました。

そこまで好奇心をもって臨まないと駄目だと言いたかったのか、これは悪い印象を与えてしまったなと心落ちしました。

しかしその後はその面接官の好きな作家を教えてもらい、面接というより小説の話で盛り上がり面接自体は楽しく終了しました。

結果は・・・

結果は合格。

特に二次面接もなく、その場で内定を頂きました。

しかしそゆくゆくは東京での勤務も出てくるということでしたので、残念ながら断りましたが、自分の好きなことに携わって働けるので、頑張って入社すればよかったなって今でも思っています。

読書は好きですか?好きな本は何ですか?の上を行く質問

面接で比較的見られる「好きな本は?」などの質問のはるか上を行く質問ですね。

さすが雑誌編集社の面接です。

内容はマニアックすぎてストーカー一歩手前くらいの質問ですが、「それくらいのマニアックさじゃないと好きとは言わない!」ということでしょうか。

雑誌編集社を希望されている方は、好きな本の詳細はもちろん、作者のことも知らべておきましょう!

【6月からはじめる!】内定率が上がるエントリーシート(ES)対策!

就職活動ではエントリーシートが必須で、就職をするための第一関門といっても過言ではありません。

だからこそ悩むエントリーシートですが、何度も書き直したり、やり直している方は人気企業に内定した人のエントリーシートを参考にしてみてください。

キャリアパークでは銀行・商社・外資・大手ITなど業種問わずに実際の内定者のエントリーシートが今だけ無料でダウンロードできます。

※大学生向けですので転職対策をされている人に合わないかもしれません。

こうした無料ツールも積極的に活用し就職・転職活動を乗り切りましょう!





【常識】転職前の企業リサーチ

 

転職前に企業の調査は必須です!特に企業内部の口コミや評判は非常に参考になります。

キャリコネでは残業の有無・実際の給料などリアルな評判がリサーチできますので、応募前にぜひ活用してみてください。



転職アプリの決定版「ジョブクル」

転職を検討している人に”本気でおすすめ”できるのが転職アプリ「ジョブクル」です。ジョブクルは転職アプリでありながら求人数10,000件以上・チャットで気軽に連絡・応募代行・履歴書添削などなど転職に必要なことがスマホ一台で完結します。転職初心者の方はもちろん転職をスマートに終わらせたい方にもおすすめです!

ダウンロード後すぐに開始できますので、まずは情報収集に利用してみてください!