戦略コンサルタントのケース面接「ラーメン屋で1位になるには?」

戦略コンサルタントのケース面接「ラーメン屋で1位になるには?」

私は新卒の際にいくつかの戦略コンサルタント会社の面接を受けました。

その中の1つが少し変わった選考内容でした。

ちなみに私はその選考で落とされてしまいましたが、当時はあの時違った選択をしていれば受かっていたのかなと何度も思い返したことを覚えています。

戦略コンサルタント独特の面接「ケース面接」

戦略コンサルタントの面接はそもそもが普通の企業の面接と違っているものが多く、その中でもよく面接で試されることが多いのは「ケース面接」「フェルミ推定」です。

ここでは詳しい説明は省かせていただきますが、私はどちらも十分に対策していましたし、複数回受けている他の戦略コンサルタントの面接でも両者を何度も経験していました。

しかしとある戦略コンサルタントの面接ではそのテーマの選び方が一風変わっていたのです。

変わったケース面接

まず面接室に通され志望動機などを一通り述べた後に、軽い会話が始まりました。

お互いのことなどをざっくばらんに話していたのですが、その中で面接官の方が「これが終わったらお昼ご飯の時間ぐらいだね。何か食べたいものは決まってるの?」と尋ねてきたので私は「このあたりには有名なラーメン屋が多いのでその中のどこかに行けたらなと思ってます」と答えました。

すると

「ラーメン屋か・・・じゃあそうだ!今君はこのあたりで第2位の売上を誇っているラーメン屋の店主だとしよう。ここで1位に躍り出るためにはいったいどうすればいい?」

と突然尋ねられました。

後から考えれば、これはケース面接などでよくあるテーマ設定なので、前提条件を確認したり細かな定義をすり合わせたりという作業を行い本題に入っていくのですが、今回は会話の流れの中から自然とケース面接に進んでいったので、一瞬それが面接であると気づくことができずに見当違いな返事をしてしまいました。

恐らく咄嗟の対応力を見るための質問だったと思うのですが、私は対応できていなかったようです。

あの時しっかりと対応できていれば・・

なんで昼飯ラーメンなんて言ってしまったんだろう・・

しばらく後悔しました。

【6月からはじめる!】内定率が上がるエントリーシート(ES)対策!

就職活動ではエントリーシートが必須で、就職をするための第一関門といっても過言ではありません。

だからこそ悩むエントリーシートですが、何度も書き直したり、やり直している方は人気企業に内定した人のエントリーシートを参考にしてみてください。

キャリアパークでは銀行・商社・外資・大手ITなど業種問わずに実際の内定者のエントリーシートが今だけ無料でダウンロードできます。

※大学生向けですので転職対策をされている人に合わないかもしれません。

こうした無料ツールも積極的に活用し就職・転職活動を乗り切りましょう!





【常識】転職前の企業リサーチ

 

転職前に企業の調査は必須です!特に企業内部の口コミや評判は非常に参考になります。

キャリコネでは残業の有無・実際の給料などリアルな評判がリサーチできますので、応募前にぜひ活用してみてください。



転職アプリの決定版「ジョブクル」

転職を検討している人に”本気でおすすめ”できるのが転職アプリ「ジョブクル」です。ジョブクルは転職アプリでありながら求人数10,000件以上・チャットで気軽に連絡・応募代行・履歴書添削などなど転職に必要なことがスマホ一台で完結します。転職初心者の方はもちろん転職をスマートに終わらせたい方にもおすすめです!

ダウンロード後すぐに開始できますので、まずは情報収集に利用してみてください!