圧迫面接をするという噂の不動産会社!本当にしてきました。

圧迫面接をするという噂の不動産会社!本当にしてきました。

私が新卒で就活を行っている際に、ある会社で圧迫面接に当たったことがあります。

ネット上では「圧迫面接をしてくる」ということで有名な会社だったのですが、私は以前にもそういった情報がネットに上がっている会社の面接を何度も受けてきましたが、実際に圧迫面接を受けたことはありませんでした。

なのでその会社も「きっと大げさに情報が流れているだけなんだろう」ぐらいの感覚で面接に臨みました。しかし実際に受けた面接の内容は「ザ・圧迫面接」といったものでした。

名前を呼ばれて面接部屋に入ると、中には面接官の方が2人。今までの面接だと面接官の方が2人いらっしゃったらどちらかの方が「どうぞお座りください」と誘導してくださることが多かったのですが、その時はどちらの方も何も言ってくださらなかったので、名前を述べて「失礼します」と言ってから座らせていただきました。

突然始まった圧迫面接!

それから30秒ほど無言の時間があり、こちらから何か言わなければと考えていたころに突然片方の面接官の方が

「俺らの業界はな、今が書き入れ時や。そんな時にお前らみたいなのと面接して意味あんのか?これで業績あがんのか?」

と言ってきました。突然のことに驚いて紋切型の返答しかできなかったのですが、その後もずっと片方の方が

「ほんまにこんな若い奴ら」、「もう意味ないし早く終わらそ」

と言っていて、もう片方の方と私だけで面接をしているような感じでした。

そしてようやく地獄のような面接が終わって部屋を出た後、時計を見ると20分ほどしか経っていなかったのですが体感では2時間ぐらい経っているような感じの辛さでした。

面接の結果は・・

その後選考結果の連絡が来て、驚いたことに受かっていたのですが、あの面接で自分の受け答えの何をどう評価されたのか全く分かりませんでした。

次の選考への案内をいただいたのですが、仮にその後も通ったとして内定をいただいたとしても働いていけそうなイメージが湧かなかったのでその後の選考はそこで辞退させていただきました。

企業が圧迫面接をするメリット

大変な経験をされましたね。

厳しい不動産業界だからといっても出だしから相手が無言だとどうしていいか分からなくなりますね。

企業が圧迫面接をする理由は

  • 応募者のストレス耐性
  • 我慢強さ
  • 圧迫されている中自分の意見がしっかりと述べられるか

などをチェックすることが目的なのですが、圧迫面接自体は大手や有名な会社でないと意味ない気がしますよね。

体験者様のように「こんな会社でやってられるか」と選考を辞退するのは当然だと思います。どうしてもこの会社に入りたいんだという人材をふるいにかけているのかも知れませんが・・

いずれにしても優秀な人材が内定を辞退してしまう可能性もあるので、採用担当担当の方も圧迫面接を導入するメリット・デメリットを考えたほうが良いでしょう。

【6月からはじめる!】内定率が上がるエントリーシート(ES)対策!

就職活動ではエントリーシートが必須で、就職をするための第一関門といっても過言ではありません。

だからこそ悩むエントリーシートですが、何度も書き直したり、やり直している方は人気企業に内定した人のエントリーシートを参考にしてみてください。

キャリアパークでは銀行・商社・外資・大手ITなど業種問わずに実際の内定者のエントリーシートが今だけ無料でダウンロードできます。

※大学生向けですので転職対策をされている人に合わないかもしれません。

こうした無料ツールも積極的に活用し就職・転職活動を乗り切りましょう!





【常識】転職前の企業リサーチ

 

転職前に企業の調査は必須です!特に企業内部の口コミや評判は非常に参考になります。

キャリコネでは残業の有無・実際の給料などリアルな評判がリサーチできますので、応募前にぜひ活用してみてください。



転職アプリの決定版「ジョブクル」

転職を検討している人に”本気でおすすめ”できるのが転職アプリ「ジョブクル」です。ジョブクルは転職アプリでありながら求人数10,000件以上・チャットで気軽に連絡・応募代行・履歴書添削などなど転職に必要なことがスマホ一台で完結します。転職初心者の方はもちろん転職をスマートに終わらせたい方にもおすすめです!

ダウンロード後すぐに開始できますので、まずは情報収集に利用してみてください!